カー用品」カテゴリーアーカイブ

カー用品などのクチコミ情報

ETCカード 車載機 読まないエラー

ETCカード 車載機 読まないエラー クリーナーを使って掃除実施

ETC車載機に、ETCカードを差しても、読まない? 読み込みエラーになる状況が発生しました。
以前から、何度か発生していたのですが、だましだまし、使っていたところ、ついに読まないことによる問題が生じたため、対策を行いました。

当方の車載機はETC2.0です。
新車購入した際に、メーカー純正カーナビにつけるオプションで、ETC2.0をつけています。
そして、3年間のうちは、とくに問題が無かったのですが、4年目に入ってから、ETCカードの読み込みが、失敗するときもあれば、成功するときもある状態に変わりました。
その後、ついに危ない状況となりました。

その日は、出張で羽田空港までクルマで行く途中の早朝に、途中で、足が無い(電車だと間に合わない)人物を拾って、行くところでした。
いつものように、高速に乗る前に、ETCカードを差しました。
このとき、充分、確認していればよかったのですが、どうやら、差し込んでもエラー状態だったようです。
そのエラー状態に気が付かず、高速のIC(料金所)を通過すると、エラーのブザーが鳴るではないですか?
エラー状態でも、そのまま、料金所を通過できてしまったため、改めてETCを差して緑ランプにし、やむなく、クルマはそのまま目的地の料金所まで進めました。

そして、高速を降りる際の料金所にて、一般/ETCゲートに入り、機械から連絡しました。
「申し訳ありません。乗る際にETCがエラーだったようでして。」と申し出ますと、朝まで4時30分くらいだと言うのに係員さんは「大変申し訳ありません。」と、当方に落ち度があるにも関わらず、丁重に対応してくださりました。
聞かれたのは、どこのICを、何時頃に通過したか?と言う事だけでした。
降りる際には、ETCカードを正常に読んでいる状態にしていましたので、そのまま清算してもらって、無事に通過できました。
朝早いと言う事もあり、幸い、後続車もなく、安全にやり過ごすことができています。

いや~、このETCカードを差して、エラーですと、赤ランプになるのはなりますが、運転席のメーターパネルに赤く表示される訳ではなく、車載器の部分に赤です。
当方のカーナビの場合、カーナビ画面に「ETC」の表示があるのですが、読み込んでいれば、文字が青くなるだけでして、車載器からも、読み込み時にブザーが鳴ったりするわけではないので、エラーになっていることがわかりにくいです。
人間の目で、しっかり、確認する必要があります。

ともあれ、また、エラーが発生しては、事故にもなりかねませんので、対策を行う事にしました。
読み込みしない対策としては、車載器のIC情報の読み込み部分が、汚れていると考えました。
そのため、下記のクリーナーを使用しています。


ETC・DSRC用 IC 接点クリーニングカード NV-16

清掃方法は簡単です。
上記のクリーナーカードを、5回以上、差すだけです。
もちろん、車庫・駐車場などに、クルマを止めている状態で、作業を行ってください。
ただ、このクリーニングカードは「乾式」ですので、それでも効果が無かったら、別の「湿式」を試すしかないと思います。
私の場合は、上記のカードでの清掃で、充分に効果があり、その後、エラーは発生していません。

なお、だいぶ昔の話、日本でETCが導入された1年目くらいで、別のクルマですが、羽田空港の料金所で、首都高を降りる際に、ETCが読み込まれなかったことが1回あります。
その時は、まだ、ゲートに係員さんがいる時代でして「1度、バックして、また入って」と言われて、後続車がいないことを確認して、高速でバックしまた前進したことがあります。
それでも、読まず、ETCカードを手渡して、清算してもらい、高速を出ました。
その時は、なぜ、入る時は問題なかったのに、降りるとき読まなかったのだろうと?、不思議だったのですが、今を思えば、当時、雨が降っていまして、ワイパーを動かしていたことから、ワイパーが動作した際に、たまたま、通信がエラーになったのかな?と感じました。
ETCカード事前通信チェックが無かった時代ですので、ETCカードを差してなくて、料金所で、前の車が突然停車することが、多かった時代の話です。

なお、本来であれば、このように「接点」が汚れて使えなくなるようなシステムや構造で無いことが望まれる訳です。
ICチップなのですから、Felica(フェリカ)のように、タッチしている状態で、きちんと読み込めるようにするなど・・。
接触する箇所が汚れて読めないなんて、本末転倒だと存じます。
まぁ、あと50年後くらいには、新システムで、ETCも進化していることでしょうが・・。

セルスター AL-01 レーザー受信機

セルスター AL-01 レーザー受信機 便利な使い方と設置方法など

セルスター AL-01 レーザー受信機が新発売されました。
最近はやりの移動式オービス(可動式オービス)が掃射するレーダーをいち早く感知する器械です。

本体の大きさですが、実際に箱から出してみた最初の印象としては「小っちゃ」と言う事で、だいぶ小さいコンパクトサイズになっています。
メーカーの仕様をみても、サイズは幅4.1cm、奥行3.75cm、高さ2.6cmと記載されています。
重量も20gですので、とても軽いです。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

AL-01は、シガーライター用DCコードが付属しており、単独で音声警告もありますので、別途、レーダー探知機がなくても、単独運用できます。
どういうことかと申しますと、固定式オービスなどをレーダーで探知する従来のレーダー探知機がなくても、レーザー受信機として、単独での活用もできると言う事です。
もちろん、AL-01は「レーザー」専用の受信機ですので、移動式オービス・可動式オービスなど最新のスピード取締機から出る「レーザー」を受信する機器ですので、固定式オービスなどのHシステムのレーダーは感知できません。

固定式オービスに多いのは「レーダー式」ですが、移動式オービスは全部が「レーザー式」です。
レーダーの場合には、超短波を放射してその反射によりスピードを計測するものです。
レーザーの場合には、レーザー光線またはレーザー波を照射してその反射によりスピードを計測するものです。

要するに、一昔前までは、取り締まりの主な方法に、レーザーが使われていませんでしたので、移動式オービス・可動式オービスに対応している探知機はありませんでした。
しかし、ようやく、レーザーに対応した探知機や受信機が発売されるようになったと言う事です。

そのうちでも、このセルスター「AL-01」レーザー受信機は、単独での運用が前提となっています。
そのため、すでにセルスターのレーダー探知機をお使いでも、新機種に買い替えすることなく、このAL-01を追加で設置することで、神出鬼没の移動式オービスにも追加対応できると言う事が言えます。
ただし、古いレーダー探知機の画面に「レーザーを受信した」と言うような表示がされる訳ではありません。
付属のセーフティレーダー接続コードを使って、レーダー探知機に接続はできるのですが、連携すると言う事ではありません。
単に電源を取るだけと言う感じでして、動作は別々になります。
なお、AL-01の電源は、エンジンを掛ければ、自動でONになり、それらはレーダー探知機と同じです。

そのため、レーダー探知機が無くても、シガーライター用DCコードを使用すれば、AL-01単体でレーザー受信機として使用できます。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

なお、AL-01の設置場所(ダッシュボード)ですが、レーザー光線も受信する関係から、遮蔽物があると有効に受信できない可能性があります。
移動式オービスが設置されるのはだいたい歩道や路側帯側です。
そのため、クルマのダッシュボードにしても、できる限り、進行方向に向かって左側(歩道側)になる設置できると感知しやすいと存じます。
また、動いていないワイパーなどで遮蔽されても、いけませんので、受信部の前に何もないようなダッシュボードの位置にセットできると良いでしょう。
私の場合、実際にワイパーを動作させて、拭き残しの雨水も残らないようにガラス近くに、下記のように設置してみました。
ちょっと、写真は窓の反射があり、見にくく申し訳ありませんが・・。

AL-01設置

20グラムと軽いですので、窓ガラスの上のほうにセットできても良いかと存じます。
ただし、いずれの場合でも、助手席などのエアバックが作動しても、支障がない配線や設置を心がける必要があるのは言うまでもありません。
ご自分のクルマに合わせて、位置をよく考えてセット願います。

小生の場合には、自分のクルマ用に、レーダー探知機とこのAL-01を固定セットしています。
また、出張時のレンタカー用に、古いレーダー探知機を持って行って、両面テープで、いつも使っていたのですが、それに、AL-01も追加して、その都度、両面テープで繋げる態勢にすることに致しました。
いちいち、自分の自動車から、探知機などを外すのは面倒なので、2セット所有していると言う事になります。

もし、新品でレーダー探知機を購入される場合には、レーザーの受信も内蔵されているタイプで無いと、移動式オービスは、過去に設置されたことがあるGPS情報だけでの対応となってしまい、現地に本物があっても、反応しない可能性がありますので、注意が必要です。

なお、自分のクルマの直前を、別の車が走行している場合などには、そのクルマがレーザーを遮って、レーザー受信が遅れる可能性があります。
万能で、絶対に受信できると言う事ではありませんので、日頃より「安全運転」を心がけるのが一番です。

ソリオのバッテリー交換

スズキのソリオやバンディットMA36SのバッテリーはN-55 バッテリー交換DIY実録

スズキの人気車種である「ソリオ」「バンディット」のハイブリットタイプであるMA-36Sの鉛バッテリーの品番はN-55です。
ハイブリット車であるソリオHYBRID-MZ、ソリオHYBRID-MX、ソリオバンディットの場合の形式MA36Sの場合、適合の鉛バッテリーは「N-55」となります。

ディーラーで見積りしてもらえばご理解頂けると存じますが、頼むとバッテリー交換は2万円~3万円と高いです。
工賃や廃棄料などが含まれるからですね。

先日、4年目の最初の6ヶ月点検時(メンテナンスパック、3年6ヶ月目)、まだ走行キロは3万6000kmでしたが、バッテリーの性能が70%に落ちていると、ディーラーの整備士さんから指摘を受けました。
スズキのディーラーで交換すると「工賃含めて約2万5000円くらいしますが、ご自分で交換しますか?」との話でしたので、自分でしますと即答です。
カーバッテリーも通販で購入して自分で交換すれば、とても安く済みます。
安いバッテリーは、やめたほうが良いですよとのアドバイスも頂きました。
ハイブリット・アイドリングストップ車ですし、カーナビなど、バッテリーには負荷がだいぶかかりますしね。

もともと、新車の段階でついているバッテリーは、生産コストを下げるため、一番安いバッテリーが搭載されていると言う話も聞きます。
最初にタイヤがヘタるかと思いましたが、バッテリーが先に来ました。

と言う事で、さっそく、通販にて、ソリオ・バンディットの鉛バッテリーを手配します。
面倒な話を明記しても、時間の無駄ですので、ズバリ記載しますね。

形式MA36SのバッテリーはN-55ですが、市販されているバッテリーの商品番号は、色々とあります。
やはり、国産が良いだろうと言う事で、下記のパナソニック最上位のバッテリーにしました。
Panasonicのバッテリーの場合「N-N80」が、N-55規格の向上版と言う事になります。


Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-N80/A3

標準品ですとN-55なのですが、容量が80と大幅にUPしていて安心です。
N-N80に続いて明記されている /A3 と言うのは、マイナーチェンジ(性能向上)が3回目と言うような意味です。
/A2 よりは、 /A3 と、数字が上のほうが、新しいタイプ、新しいシリーズと言う事になります。
小生が購入した際には、N-N80/A3 が最新版でした。

ちなみに、ソリオのハイブリットではないタイプ(G)DBA-MA26Sだと、バッテリーの適合は「46B24L」となりますので、ご注意願います。
購入時には必ず、46B24Lなど品番をよくご確認の上、注文して下さい。

バッテリー交換実録

スズキ・ソリオのバッテリー交換には、8mmスパナと、10mmスパナが必要となります。
スパナは、日本のメーカーのものを使いました。
安い中国製などの場合、8mmのはずが、微妙に大きかったりして、ネジをなめてしまうことがあるようですので、しっかりとして工具を使いたいところです。

なお、電気系統ですので「感電」には絶対に注意が必要です。
まず、クルマを走行させた直後の場合には、ガスが発生する恐れがありますので、30分以上、エンジンを止めてからバッテリー交換しましょう。
もちろん、雨の日や、手が濡れている状態は避けます。
また、軍手を両手にして、感電防止をはかります。
ゴムの軍手が最適ですが、なかったので、下記のような軍手を使いました。

自動車のバッテリー交換

また、スパナも金属製の場合には、スパナじたいにも軍手をかますようにして、金属部分の露出を最小限にしました。

自動車のバッテリー交換のスパナ

バッテリーの「+」端子と「-」端子の両方に同時に触ると感電しやすくなりますので、どっちか片方に触るように作業をします。
特に、スパナがプラスとマイナスに、同時に接触しますと、感電しますので、自己責任です。
充分にご注意願います。
先にマイナスを外してから、プラスを外し、新しいバッテリーをセットする際には、プラスからつけて、最後にマイナスをつけます。
この手順を守らないと、火花などが飛び、火災の原因にもなりますので、ご注意願います。

ソリオのバッテリー交換

なお、通常は、バッテリーを外しますと、電源が失われまして、各種の設定が「リセット」されてしまいます。
全方位モニター付きナビにて設定しているテレビチャンネルや、自宅設定なども、バッテリーをはずすと、初期化されてしまいます。
特に、ナビの暗証番号を設定されている場合には、事前に確認してメモしておきましょう。
また、ECU関連の調整設定などもリセットされてしまいます。
ただし、バッテリーを外している時間が、極・短時間、短い場合には、失われない可能性があります。
具体的に、何分以内などと言うのは使用状況により異なりますので、厳密に申し上げることはできません。
しかし、私の場合、バッテリーを外している時間を20秒程度に抑えたところ、カーナビの設定関連はリセットされず、そのまま使えましたので、ご報告申しあげます。
ただし、積算アイドリングストップ時間などエンジンコントロールユニット関係は、リセットされました。
でも、走ることでまた学習しますので、問題ありません。

カーバッテリーを外している時間を短くするために、下記のような対応を行いました。
まず、バッテリー固定のネジを緩めて、外しておく。(エンジンルームに落としたりしないよう注意)
感電しないよう、慎重に、バッテリー端子のネジは、完全に緩めず、差し込めば、ハマる程度に緩めた。(すぐに両方の端子を外せる状態にする)
新しいバッテリーは足元に置いて、すぐにセットできる状態にした。
古いバッテリーの端子をマイナスから一気に外したら、すぐに撤去して、新しいバッテリーを置き、すぐに赤の+と-の端子をはめた。(この間が20秒と言う事です)
そして、ゆっくりと、感電しないよう慎重に、端子のねじ回しを行った。
すぐに、プラス端子のカバーをはめる。
最後に、バッテリー固定を行った。

ソリオのバッテリー交換

以上で、バッテリー交換時のバックアップは不要でしたので、ご参考までに。
事前に工具などを用意しておけば、トータルの作業時間としても、5分とかかりません。
なお、バッテリーの固定具合などは、素人作業ですと、緩むこともありますので、数日、運転しましたら、念のため、確認しておくことをお勧め申しあげます。

なお、自分でバッテリー交換するのに自信がない場合や、工具を新規で購入したり、廃棄バッテリーを回収してもらう費用を考えますと、下記のようなAmazonのバッテリー交換作業を頼んだ方が、安いと言う場合もありますので、念のため、明記しておきます。

古いバッテリーは、回収してもらう事もできますが、私の場合には、古いバッテリーをとっておいて、災害時(停電時)などに、せめてスマホだけでも充電できるようにと、準備をしています。

なお、スズキのハイブリット車には、鉛バッテリーの他にリチウムイオン電池も使用しており「2つのバッテリー」が搭載されています。
位置づけとしては、N-55が「アイドリングストップ用」で、専用リチウムイオンバッテリーはマイルドハイブリットであるS-エネチャージ「モーターアシスト」の為のバッテリーとお考えいただくと分かりやいでしょうか?

もちろん、それぞれ寿命は異なりますが、リチウムイオン電池は5年又は走行距離10万kmくらいは耐久力があるようですので、まぁ、普通に乗りつくす間は交換不要と考えて良いでしょう。
仮にリチウムイオンバッテリーの寿命が来たとしても、モーターアシストが効かくなる可能性が高いと思いますが、クルマは動くと思います。
ただし、鉛バッテリーのN-55の方は、3年~4年経過すると、かなりヘタってくると思いますので、この鉛バッテリーはエンジン始動にも使われるため、適切な交換が求められます。

安心メンテナンスパックに入っているとエンジンオイルやオイルフィルターは交換対象ですが、バッテリーやタイヤなどの消耗品は別料金です。
ただし、メンテナンスパックの加入期間中は、その他の追加整備工賃は20%割引になると言う特典はありますので、念のため記載しておきます。

ソリオのワイパーゴムサイズ

ちなみに、MA-36Sの「ワイパー」のサイズは下記の通りです。

フロント右側ワイパー長さ55cm幅8mm (Uタイプ)1本~NWBの場合GR13(AW2G)
フロント左側ワイパー長さ45cm幅6mm (Uタイプ)1本~NWBの場合GR9(TW2G)
リヤワイパー長さ30cm幅6mm (Bタイプ)1本~NWBの場合GR41(TN30G)

ワイパーブレードの交換まではなかなか行かないと思いますが、ワイパーゴムくらいは自分で交換すれば安上がりです。
しかも、通販で購入するともっと安く手に入る事があります。
ワイパーゴムは、暑い日差しにさらされていますので、6ヶ月に1度が交換の目安でしょうか?
劣化したまま使いつづけますと、雨天の拭きの際に「スジ」がガラス面に残ったりして、安全運転に支障が出ます。
6ヶ月経過していないのにスジが出る場合には、ゴムにゴミや汚れなどが付着している可能性がありますので、雨や水で濡れている際に、ワイパーゴムを「ティッシュ」などで拭いてみて下さい。
結構、ティッシュに真っ黒な汚れが残るくらいになり、すなわち、ある程度の汚れを落とせると思いますよ。
ティッシュで拭いても、スジが出てしまう場合には、ゴムがもう欠けてるなどの変形による可能性がありますので、交換必須です。

私はガラスの撥水は、ビビリが来るので好きではないです。
そのため、フロントガラスの撥水などしていなければ、ゴムは「グラファイト」のワイパー替えゴムがお勧めです。

ソリオのタイヤサイズ

MA26Sの場合、165/70R14がタイヤサイズとなります。
MA36S(ハイブリット)は、165/65R15です。
下記は一例です。
例によってご注文の際には、くれぐれも「サイズ」にご注意願います。


165/65R15

タイヤも通販で購入して、街のタイヤ交換してくれるところを探して頼めば、ディーラーで交換するより、ずっと安くタイヤ交換が可能です。
オートバックスなどのカー用品店では、自分のところでタイヤを購入してくれないと、タイヤ交換の作業を断られる場合が多いです。
そのため、あなたのお住まいの地域で「持込みタイヤ交換」をお願いできるところを探してみてください。

Googleなどの検索サイトにて「東京 タイヤ交換」など、地名とタイヤ交換と言うキーワードで検索すれば、色々と出てくると思います。

タイヤ交換格安実録 スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15タイヤ交換格安実録 スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15

FM-VICSが新方式に切り替わります~2022年4月からはITSスポット方式が主流に

高速道路や国道・幹線道路の渋滞情報を提供していた「FM-VICS」、すなわち、FM多重放送による渋滞情報の伝送が、2022年3月31日を持って旧方式が廃止されます。

これは、都道府県単位で伝送量も少なく、また山間部など一部ではFM電波が入らないなど受信も100%ではなかった、FM-VICSのサービス提供を2001年に新方式に見直しています。
そして、移行期間のような感じで、旧方式も提供していましたが、2003年に旧方式のカーナビも製造を中止しており、それから約20年の経過を持って、新方式に統一されると言う事になります。

旧方式にしか対応していないカーナビでは、地図にFM-VICSの渋滞は表示されなくなると言う事です。

FM-VICSは新方式になりますので、VICSが廃止されると言うわけではありません。
なお、同じ、2022年4月1日からは、ETC2.0に非対応のカーナビにて、VICSによる渋滞情報が表示がおこなわれると言う事になります。

簡単にまとめると下記のような感じです。

・FM電波からのVICS情報提供は2001年から開始されている新方式に統一される。

・高速道路の電波ビーコン(2.4GHz)からの情報提供も停止され、ITSスポットに統一される。

・ITSスポット(5.8GHz帯DSRC)を使ったサービスは、ETC2.0が対応している。

・一般道の光ビーコンは引き続き継続される。

ITSスポットは、情報提供の容量が大きく、進行方向で最大1000kmなど広範囲の道路情報・渋滞情報を伝達できます。
プローブ情報にもITSスポット式は対応しています。

今回、統一される2022年には、ほとんどのクルマがETC2.0の普及になっていると推測致しますが、もっと、幅広いサービスにも期待したいところです。
とにかく、日本はスピード感がないので、パッパと最新方式に切り替えてもらえると、なお助かると言うところです。

スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズは165/65R15でチェーンはコレ

スズキの人気車種である「ソリオ」「バンディット」のハイブリットタイプであるタイヤサイズは165/65R15です。
続きを読む

ワイパー1本 200円? 格安でも高性能なワイパー 自分でワイパー交換

 私は、車のワイパーを、いつも自分で交換しています。
 ディーラーでの点検時にも、ワイパー交換の見積もりが入る事がありますが、2本で約1500円程度も掛かるんですよね。
 昔は、6ヶ月点検などの際に、ディーラーでワイパー交換して頂いた際に、恐らく、作業員の方の「手」が油で汚れていたのでしょう。
 フロントガラスに汚れた油が、ワイパー付近に付着して、油膜取りで苦労したこともあり、その後は、カー用品店などで自分で替えワイパーを購入して、自分で交換していました。

 でも、カー用品店で替えワイパーを購入しても、1本800円など、結構高くて、金額的にはディーラーで交換するのと変わりない状態でした。

 しかし、今では1本200円~300円程度のワイパーを手に入れて、定期的に交換しています。

 格安のグラファイト・ワイパーゴムの通販

 送料は掛かりますが、1回の注文で、左5本、右5本など、まとめて注文すれば、かなり「お得」です。

 なお、ワイパーの交換頻度は、通常は6ヶ月に1度程度と言われています。
 ゴムですので、炎天下などではやはり劣化して、6ヶ月もすると、雨の際、ワイパーを動作させると、フロントガラスの表面に「筋」が入るような状況になります。
 どんなに高級なワイパーでも「ゴム」ですので、必ず劣化しますので、定期交換は必須です。

ドライブレコーダーのUSB配線コネクタ DIY

 先日ご紹介したドライブレコーダーですが、USB電源の配線コネクターが、取れてしまいました。

 シガーライターからの電源配線の、ドライブレコーダーに差し込む、配線側のコネクタ部分が、なんと取れてしまい、分離してしまった次第です。

 新しいドライブレコーダーを購入しようかとも考えたのですが、ドライブレコーダーの本体は壊れていないですし、配線だけを買えばなんとかなるかな?と考え、電源アダプターだけを探してみました。
 しかし、元々中華製と言う事で、電源アダプターだけの販売は見つかりません。ヤフオクでも見つかりませんでした。
 このような耐久性や部品販売と言う事で考えると、やはり、ユピテルなど日本メーカーのドライブレコーダーを最初から購入した方が、長く使えると言う事だと思います。

 さて、配線ですが、色々と考えました結果、それぞれの電源パーツを購入することにしてみました。

 まずは、シガーライターの12Vを5Vに変換する充電アダプターのUSBタイプを購入。
 そして、4m程度のUSBコードを捜したのですが、無いので、5mのUSBコードで、ドライブレコーダーのミニUSB(B)に合うコネクタのタイプを購入。
 更に、下記のL型変換ケーブルを購入して、ドライブレコーダーに差し込みしやすくしました。
 
 

 さて、楽天で購入して、部品が届いたので、休日に設置。
 ドライブレコーダーが復活しました。

 ※電圧(アンペア)などの問題もありますので、皆様も同様にDIYなさる場合には、自己責任にてお願い申し上げます。

LED自作デイライト ブルー

LED側面テープ式 自作デイライト 再DIY

 以前ご紹介しておりましたLEDテープ (側面発行) による自作デイライトですが、取付して1年6ヶ月で、1個のLEDが点灯しなくなり、歯が抜けたような状況での点灯になってしまっていました。
 先日、ドライブレコーダーも配線のコネクタが取れてしまいまして、やはり中華製は耐久力が劣るのかな?と思う、今日この頃です。
 その為、新たに、LEDテープを購入して、DIYしなおししました。

 今回購入したLEDテープは下記です。
 各画像はクリックすると販売額など詳細をご覧頂けます。

 

 もっと安い中華製もあったのですが、上記のLEDテープは、日本で加工しているとの事で、ある程度「信頼」できそうです。
 この手のLEDテープは、配線の線が細くて、簡単にちぎれそうなのですが、上記LEDテープの配線は太いです。そして、両面テープは住友3M製と、LEDテープにしてはかなり拘った製品です。
 DIYするにしても、取付を何回もするようなのでは、面倒なので、今回、ちょっと高くても、耐久力がありそうなLEDテープを選択したのでした。

 配線と配線を繋ぐのに、前回は、エーモンの防水カプラーを使用
 
 

 して、外れる事も無く、完璧につながっていたのですが、エンジンルーム内に線を通す際、狭い穴などに引っ掛かる事がありました。
 引っ掛かると、外すのに大変な労力を要したこともあり、今回は変更。

 

 

 上記のツールを使用して「ハンダこて」ではんだ付けして配線と配線を繋ぎ「防水熱収縮チューブ」で覆う方法を取りました。

 下記がその完成状態の写真です。
 ご高覧賜りまして、ありがとうございました。

LED自作デイライト ブルー

 

タント、ムーヴ、ワゴンR アイドリングストップ車 M-42格安バッテリー 

 アイドリングストップ車のM-42バッテリーは高価と言う印象があるかも知れませんが、それはディーラーで交換した場合の話です。
 当然、ディーラーでは「定価」でバッテリーを販売するからですね。
 下記で購入すれば、割引・格安にて、M42バッテリーを手に入れる事が可能です。
 最新の価格などは、リンク先や写真クリックでご確認ください。

M-42バッテリーの注意点

 M-42バッテリーは 普通の M-42、M-42R、M-42D、M-42L と何種類かが発売されています。
 特に、M-42とM-42Rは、プラスマイナス端子が逆になったりしますので、通販での購入時にはバッテリーメーカーの対応表を良くご確認の上、ご購入願います。

★GS YUASA ユアサ の新型 M-42対応 長寿命バッテリー

 ダイハツの新車バッテリーと同じバッテリーメーカーである GS YUASA が新発売した、アイドリングストップ車M-42対応の新型バッテリーです。
 長寿命と言う事で、現時点では下記のバッテリーが一番のお勧めです。純正と比較しても、価格も高くありません。
 サイズや重さもM-42標準バッテリーと変わりありません。

 
 GS YUASA ジーエスユアサ史上最長寿命 M-42バッテリー (楽天)
 GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R LONG LIFE ] EL-M-42/55B20L

★ボッシュ BOSCH M-42 ハイテック プレミアム

 M-42型バッテリーの完全メンテナンスフリー(液栓の無いバッテリー)です。
 バツテリー液の補充と言っても、レベルが良く見えなかったり、バッテリー液を入れたら入れたで比重が変わってしまい、寿命が短くなったりするので、私はこのメンテナンスフリーバッテリーがお勧めです。

 
 ボッシュ BOSCH M-42 ハイテック プレミアム (楽天)
 BOSCH(ボッシュ) Hightec IS(ハイテック IS) バッテリー HTIS-M-42

★パナソニック M-42 カオス・バッテリー

 バッテリー交換時期も知ることができる、アイドリングストップ車専用バッテリーです。

 
 送料無料  カオスプロ caos PRO M-42 (楽天)
 Panasonic バッテリー [ カオス PRO アイドリングストップ車対応 ] M-42 (Amazon)

 パナソニックのバッテリーでしたら、新品取付時に下記のバットリー寿命判定ユニットを別途取付けると、のちのち、バッテリーが劣化した際の交換時期も一発で分かります。
 
 
 Panasonic [ パナソニック ] カーバッテリー寿命判定ユニット LifeWINK [ ライフ・ウィンク ] N-LW/P4

 通販でバッテリー購入した場合の、バッテリーの処分に困ったら、宅配便で送る廃バッテリー処分もありますよ。

 

★再生バッテリー(リビルド品)のM-42バッテリー

 中古のバッテリーを新品に近い性能まで回復させたバッテリーで、なんと言っても「低価格」がうれしい限りです。
 あと1~2年しか乗らないよなんて時には、下記のリビルド・バッテリーで、もう充分だと言う話になります。
 古いバッテリーも、送料無料で回収してくれますし、アイドリングストップ車が「エコ」と言う事であれば、バッテリーも再生品を使用することでエコしたいものです。
 
 
 創業60年 神崎屋のオリジナル 再生バッテリー安心の1年保証付き M-42

 新車も2年目となり、寒い冬になると、場合によっては、アイドリングストップ中に電圧が下がり、自動的にエンジン始動となる事が発生します。
 その場合、バッテリー充電器でも買って、充電しようかと思っていたのですが、充電器も4000円くらいしてしまうので、それだったら、新品バッテリーや再生バッテリーを買った方がマシと言う判断でおります。

 バッテリーの交換方法は簡単です。

 バッテリー交換参考サイト

 ※バッテリー購入時には、メーカーの対応車種を良くご確認の上、ご購入願います。この記事に関して、当方では一切責任は負いかねます。