安全」タグアーカイブ

ETCカード 車載機 読まないエラー

ETCカード 車載機 読まないエラー クリーナーを使って掃除実施

ETC車載機に、ETCカードを差しても、読まない? 読み込みエラーになる状況が発生しました。
以前から、何度か発生していたのですが、だましだまし、使っていたところ、ついに読まないことによる問題が生じたため、対策を行いました。

当方の車載機はETC2.0です。
新車購入した際に、メーカー純正カーナビにつけるオプションで、ETC2.0をつけています。
そして、3年間のうちは、とくに問題が無かったのですが、4年目に入ってから、ETCカードの読み込みが、失敗するときもあれば、成功するときもある状態に変わりました。
その後、ついに危ない状況となりました。

その日は、出張で羽田空港までクルマで行く途中の早朝に、途中で、足が無い(電車だと間に合わない)人物を拾って、行くところでした。
いつものように、高速に乗る前に、ETCカードを差しました。
このとき、充分、確認していればよかったのですが、どうやら、差し込んでもエラー状態だったようです。
そのエラー状態に気が付かず、高速のIC(料金所)を通過すると、エラーのブザーが鳴るではないですか?
エラー状態でも、そのまま、料金所を通過できてしまったため、改めてETCを差して緑ランプにし、やむなく、クルマはそのまま目的地の料金所まで進めました。

そして、高速を降りる際の料金所にて、一般/ETCゲートに入り、機械から連絡しました。
「申し訳ありません。乗る際にETCがエラーだったようでして。」と申し出ますと、朝まで4時30分くらいだと言うのに係員さんは「大変申し訳ありません。」と、当方に落ち度があるにも関わらず、丁重に対応してくださりました。
聞かれたのは、どこのICを、何時頃に通過したか?と言う事だけでした。
降りる際には、ETCカードを正常に読んでいる状態にしていましたので、そのまま清算してもらって、無事に通過できました。
朝早いと言う事もあり、幸い、後続車もなく、安全にやり過ごすことができています。

いや~、このETCカードを差して、エラーですと、赤ランプになるのはなりますが、運転席のメーターパネルに赤く表示される訳ではなく、車載器の部分に赤です。
当方のカーナビの場合、カーナビ画面に「ETC」の表示があるのですが、読み込んでいれば、文字が青くなるだけでして、車載器からも、読み込み時にブザーが鳴ったりするわけではないので、エラーになっていることがわかりにくいです。
人間の目で、しっかり、確認する必要があります。

ともあれ、また、エラーが発生しては、事故にもなりかねませんので、対策を行う事にしました。
読み込みしない対策としては、車載器のIC情報の読み込み部分が、汚れていると考えました。
そのため、下記のクリーナーを使用しています。


ETC・DSRC用 IC 接点クリーニングカード NV-16

清掃方法は簡単です。
上記のクリーナーカードを、5回以上、差すだけです。
もちろん、車庫・駐車場などに、クルマを止めている状態で、作業を行ってください。
ただ、このクリーニングカードは「乾式」ですので、それでも効果が無かったら、別の「湿式」を試すしかないと思います。
私の場合は、上記のカードでの清掃で、充分に効果があり、その後、エラーは発生していません。

なお、だいぶ昔の話、日本でETCが導入された1年目くらいで、別のクルマですが、羽田空港の料金所で、首都高を降りる際に、ETCが読み込まれなかったことが1回あります。
その時は、まだ、ゲートに係員さんがいる時代でして「1度、バックして、また入って」と言われて、後続車がいないことを確認して、高速でバックしまた前進したことがあります。
それでも、読まず、ETCカードを手渡して、清算してもらい、高速を出ました。
その時は、なぜ、入る時は問題なかったのに、降りるとき読まなかったのだろうと?、不思議だったのですが、今を思えば、当時、雨が降っていまして、ワイパーを動かしていたことから、ワイパーが動作した際に、たまたま、通信がエラーになったのかな?と感じました。
ETCカード事前通信チェックが無かった時代ですので、ETCカードを差してなくて、料金所で、前の車が突然停車することが、多かった時代の話です。

なお、本来であれば、このように「接点」が汚れて使えなくなるようなシステムや構造で無いことが望まれる訳です。
ICチップなのですから、Felica(フェリカ)のように、タッチしている状態で、きちんと読み込めるようにするなど・・。
接触する箇所が汚れて読めないなんて、本末転倒だと存じます。
まぁ、あと50年後くらいには、新システムで、ETCも進化していることでしょうが・・。

セルスター AL-01 レーザー受信機

セルスター AL-01 レーザー受信機 便利な使い方と設置方法など

セルスター AL-01 レーザー受信機が新発売されました。
最近はやりの移動式オービス(可動式オービス)が掃射するレーダーをいち早く感知する器械です。

本体の大きさですが、実際に箱から出してみた最初の印象としては「小っちゃ」と言う事で、だいぶ小さいコンパクトサイズになっています。
メーカーの仕様をみても、サイズは幅4.1cm、奥行3.75cm、高さ2.6cmと記載されています。
重量も20gですので、とても軽いです。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

AL-01は、シガーライター用DCコードが付属しており、単独で音声警告もありますので、別途、レーダー探知機がなくても、単独運用できます。
どういうことかと申しますと、固定式オービスなどをレーダーで探知する従来のレーダー探知機がなくても、レーザー受信機として、単独での活用もできると言う事です。
もちろん、AL-01は「レーザー」専用の受信機ですので、移動式オービス・可動式オービスなど最新のスピード取締機から出る「レーザー」を受信する機器ですので、固定式オービスなどのHシステムのレーダーは感知できません。

固定式オービスに多いのは「レーダー式」ですが、移動式オービスは全部が「レーザー式」です。
レーダーの場合には、超短波を放射してその反射によりスピードを計測するものです。
レーザーの場合には、レーザー光線またはレーザー波を照射してその反射によりスピードを計測するものです。

要するに、一昔前までは、取り締まりの主な方法に、レーザーが使われていませんでしたので、移動式オービス・可動式オービスに対応している探知機はありませんでした。
しかし、ようやく、レーザーに対応した探知機や受信機が発売されるようになったと言う事です。

そのうちでも、このセルスター「AL-01」レーザー受信機は、単独での運用が前提となっています。
そのため、すでにセルスターのレーダー探知機をお使いでも、新機種に買い替えすることなく、このAL-01を追加で設置することで、神出鬼没の移動式オービスにも追加対応できると言う事が言えます。
ただし、古いレーダー探知機の画面に「レーザーを受信した」と言うような表示がされる訳ではありません。
付属のセーフティレーダー接続コードを使って、レーダー探知機に接続はできるのですが、連携すると言う事ではありません。
単に電源を取るだけと言う感じでして、動作は別々になります。
なお、AL-01の電源は、エンジンを掛ければ、自動でONになり、それらはレーダー探知機と同じです。

そのため、レーダー探知機が無くても、シガーライター用DCコードを使用すれば、AL-01単体でレーザー受信機として使用できます。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

なお、AL-01の設置場所(ダッシュボード)ですが、レーザー光線も受信する関係から、遮蔽物があると有効に受信できない可能性があります。
移動式オービスが設置されるのはだいたい歩道や路側帯側です。
そのため、クルマのダッシュボードにしても、できる限り、進行方向に向かって左側(歩道側)になる設置できると感知しやすいと存じます。
また、動いていないワイパーなどで遮蔽されても、いけませんので、受信部の前に何もないようなダッシュボードの位置にセットできると良いでしょう。
私の場合、実際にワイパーを動作させて、拭き残しの雨水も残らないようにガラス近くに、下記のように設置してみました。
ちょっと、写真は窓の反射があり、見にくく申し訳ありませんが・・。

AL-01設置

20グラムと軽いですので、窓ガラスの上のほうにセットできても良いかと存じます。
ただし、いずれの場合でも、助手席などのエアバックが作動しても、支障がない配線や設置を心がける必要があるのは言うまでもありません。
ご自分のクルマに合わせて、位置をよく考えてセット願います。

小生の場合には、自分のクルマ用に、レーダー探知機とこのAL-01を固定セットしています。
また、出張時のレンタカー用に、古いレーダー探知機を持って行って、両面テープで、いつも使っていたのですが、それに、AL-01も追加して、その都度、両面テープで繋げる態勢にすることに致しました。
いちいち、自分の自動車から、探知機などを外すのは面倒なので、2セット所有していると言う事になります。

もし、新品でレーダー探知機を購入される場合には、レーザーの受信も内蔵されているタイプで無いと、移動式オービスは、過去に設置されたことがあるGPS情報だけでの対応となってしまい、現地に本物があっても、反応しない可能性がありますので、注意が必要です。

なお、自分のクルマの直前を、別の車が走行している場合などには、そのクルマがレーザーを遮って、レーザー受信が遅れる可能性があります。
万能で、絶対に受信できると言う事ではありませんので、日頃より「安全運転」を心がけるのが一番です。

LED自作デイライト ブルー

LED側面テープ式 自作デイライト 再DIY

 以前ご紹介しておりましたLEDテープ (側面発行) による自作デイライトですが、取付して1年6ヶ月で、1個のLEDが点灯しなくなり、歯が抜けたような状況での点灯になってしまっていました。
 先日、ドライブレコーダーも配線のコネクタが取れてしまいまして、やはり中華製は耐久力が劣るのかな?と思う、今日この頃です。
 その為、新たに、LEDテープを購入して、DIYしなおししました。

 今回購入したLEDテープは下記です。
 各画像はクリックすると販売額など詳細をご覧頂けます。

 

 もっと安い中華製もあったのですが、上記のLEDテープは、日本で加工しているとの事で、ある程度「信頼」できそうです。
 この手のLEDテープは、配線の線が細くて、簡単にちぎれそうなのですが、上記LEDテープの配線は太いです。そして、両面テープは住友3M製と、LEDテープにしてはかなり拘った製品です。
 DIYするにしても、取付を何回もするようなのでは、面倒なので、今回、ちょっと高くても、耐久力がありそうなLEDテープを選択したのでした。

 配線と配線を繋ぐのに、前回は、エーモンの防水カプラーを使用
 
 

 して、外れる事も無く、完璧につながっていたのですが、エンジンルーム内に線を通す際、狭い穴などに引っ掛かる事がありました。
 引っ掛かると、外すのに大変な労力を要したこともあり、今回は変更。

 

 

 上記のツールを使用して「ハンダこて」ではんだ付けして配線と配線を繋ぎ「防水熱収縮チューブ」で覆う方法を取りました。

 下記がその完成状態の写真です。
 ご高覧賜りまして、ありがとうございました。

LED自作デイライト ブルー

 

車載用 防災グッズを準備しよう

 震度7を観測し、上越新幹線も脱線し、地震による死者68人を出した「新潟県中越地震(2004年)」では、地震発生時刻が夕方の17時56分であった為、帰宅を急ぐ自動車の多くが、橋の崩落、土砂崩れなどによる通行止などで立ち往生した。
 また、避難所も満員で、屋外に停車させた自動車の中で寝泊りする避難者も多数いた。
 その地震がある前から、私の場合、車にも最低限の防災用品を搭載していたが、改めてその必要性を再認識したのを覚えている。

 私が最低限の防災グッズとして、自動車に搭載している内容は、下記のとおりである。

 (1) 車載用非常食セット

 大人1人が3日間生き延びるために必要な食料と飲料水、防寒・防熱用ブランケットが入っている。
 車の中は冬は冷たく、夏は50℃など高温となるが、-40℃~148℃までの耐久製品の為、1年中、車内に置いていても大丈夫。
 賞味期限も4年以上ある。大きい辞書くらいのコンパクトサイズですので、トランクに入れていても邪魔になりませんし、座席の下にも保管可能。
 詳しくは下記の写真をクリックしてご覧願いたい。
 
 
 命の箱 アークⅢ

 (2) 防寒シート (ブランケット)

 冬に地震が発生して、なんらかの状態で車中泊することになっても、寒くないように、コンパクトに収納されている、熱を逃がさない防寒シートを乗車定員分、自動車に常時積んでいる。
 定員分搭載しているのは、万が一の際、誰か1人だけ寒くないようにと言うのは、不公正となる為だ。
 上記の車載用防災セットを持っているならば、足りない人数分だけ、用意しておけばよいでしょう。
 価格もそんなに高くなく、大変軽い素材なので、燃費が大きく悪くなることも無いので、お勧め。

 
 サバイバルシート (防寒・保温シート) 5枚パック

 (3) 懐中電灯

 コンパクトサイズの安い物で良い。地震の時だけでなく、普段、故障など夜間に明かりが必要な際にあると助かる。

 (4) 軍手

 普段でも、パンクの際のタイヤ交換などで、軍手があると便利。特に、冬は軍手が無いと、冷たくてタイヤ交換などできません・・。

 (5) タオル・バスタオル

 普段は、急に日帰り温泉に入浴する事になった用に搭載していますが、災害時には、水で濡らして体を拭いたり、骨折した際の三角巾代わりにもなるでしょう。
 他の用途としては、車がスタックした際の脱出用にも使えますね。

 防災用品は、自宅に常時設置しておくだけでは不十分です。
 運転中に災害に合わなくても、職場で被災したり、車で非難すると言う事も考えられます。
 最低限でも良いかと存じますので、上記のとおり、自動車にも防災用品を用意しておくことをおすすめ申し上げたいです。
 

ドライブレコーダーの実用性

前書き

 小生は自動車の運転免許を取って約20年。若い時代は無事故無違反10年以上でしたが、その後は、道路駐車中に飲酒運転の車にぶつけられた当方過失割合0割(相手過失10割)の事故1回、そして2006年4月には当方過失割合1割(相手過失9割)の交差点衝突事故に会いました。
 いずれも当方の責任(過失割合)は低く、いずれも相手に重大な原因があったものでしたが、事故が起きると、双方の意見が食い違うことがあります。でも、ドライブレコーダーでしっかり録画できれば、自分に過失が少ないことを主張できますよね。1割過失が少なくなるだけで、3万円前後など修理費用負担が変わってしまうことがあります。
 2005年あたりから日本でも「ドライブレコーダー」が発売されるようになり、安全運転主義者の私は「必要性」を感じていましたが、「楽天」でお安く購入できましたので、取り付けしてみた次第です。

ドライブレコーダー選択ポイント

 ドライブレコーダーが登場した当初は、画素数ね25万~35万画素で、視野角も狭く、低品質でしたが、最近は品質面はそんなに気にする必要がない位、良いものが出ています。
 唯一注意して選びたいのは「視野角」です。レンズの視野角が狭いと、横から飛び出してきたシーンや、頭上にあった信号などが写っていなかったと言う事にもなりかねません。視野角が狭いドライブレコーダーは要注意です。

ドライブレコーダーの有効性

 アメリカからのニュースと言うことで「車載カメラの事故映像」と報道されていました。アメリカでは結構ドライブレコーダーをつけている自動車が多いとの事。事故の瞬間映像も迫力がありました。中にはぶつかる前に「キャー」と言う女性の悲鳴が入っているものも・・。

 先日、タクシーと酒酔い自動車が正面衝突する事故があり、タクシーの運転手と後席に乗っていた乗客の2人が死亡する事故がありました。タクシーにはドライブレコーダーがついており、対向車がセンターラインをはみ出して正面からぶつかってきた瞬間、フロントガラスが網目状に割れると言う生々しい映像が記録されていました。この映像により、タクシー側に過失がなく、亡くなったタクシー運転手さんの名誉は守られたとタクシー会社社長が涙を流しコメントしていました。

 また、走行中に当て逃げされた方がつけていたドライブレコーダーがぶつかった瞬間の前後が自動記録され、加害者の車両ナンバーが映った映像をみごと確保。その動画を警察に提出したところ、10ヶ月後、犯人が道路交通法違反容疑で逮捕されたと言うニュースもありました。
 人身でない当て逃げの場合、警察も本格的に捜査してくれませんので、ほとんどが泣き寝入りですが、ドライブレコーダーの記録映像が犯人検挙の重要な手掛かりとなった事例です。
 私の実際のドライブレコーダー活用例ですが、不幸中の幸いか、事故でドライブレコーダーに頼る経験はまだありません。唯一、大変有効だったのは、車を修理に出した際の映像です。
 街の修理工場に3日間修理に出したのですが、店舗は小さくて、店の敷地内に車を止めて置くとは考えにくいかったのです。修理から戻った車のドライブレコーダーの映像記録を見ると、近くの敷地に車を運転して移動した映像がバッチシ映ってました。
 そんなことは無いとは思いますが、車を勝手に使用させていなかったか? などの確認にも、ドライブレコーダーの威力を発揮できるなと思いました。

お勧めの格安ドライブレコーダー

 

 赤外線LEDで暗視も可能 2.5インチ液晶画面付ドライブレコーダー

 気になる価格や性能は、上記写真などからご覧願います。そんなに高くないですよ。
 昔は、事故の衝撃前後何秒だけ録画なんて言うドライブレコーダーが主流でしたが、記憶媒体(メモリ)の価格が下がったため、最近は「常時録画」して、15分、60分など、SDカードの容量次第で、録画時間が決まり、古い映像に上書きされる場合が多いです。
 要するに、事故が発生したら、その時点で、録画を中止(ドライブレコーダーの電源を切るように)すれば、それまでの走行映像が残されます。
 比較的長時間録画できるので、映像を走行データとして、ユーチューブに投稿されている方も良く見かけます。山岳路などを走った際には、そんな使い方も良いですよね。