ミライース マイナーチェンジ 発売開始

 ダイハツは軽自動車に導入する「e:sテクノロジー」を進化させた「ミライース」を2013年8月19日に、マイナーチェンジ発売開始した。
 ガソリン車トップの燃費33.4km/リットルを達成している。

 スマートアシスト(衝突防止装置)が追加されたグレードもある。

 パワートレーン(動力を車輪に伝える装置)のポンピングロスを低減させるi-EGRをさらに進化させた「クールドi-EGR」によって燃焼効率が向上。
 背面形状を丸くして、チェーンガイドとの接触を軽減した、低フリクションチェーンを使って摩擦によるロス低減。
 CVTのハイギア化。
 「eco IDLE」はアイドリングストップを従来の7km/h、または9km/hから11km/hに高めた。
 その分「エコ発電制御」はオルタネーターを高発電の物に変更し、減速時の発電量を増加。加速・走行時の発電をより抑制するセッティングとしているなど制御技術も進化させている。
 フロントバンパーにエアロコーナー・デザインを施し、風を素早く後方に流す
 フロアアンダーカバーで、フロア下の空気の乱れを抑制
 タイヤディフレクター採用で、前輪への空気の巻き込みを抑制
 更に、ローダウンサスペンションも採用して、車高を1cm低くした。

 燃費に関しては、約10%の燃費向上。
 現行で、実燃費 リッター22km前後なので、10%改善となっても、22km → 24.2km と言ったところで、大きく燃費が改善したとは言いにくいだろう。
 しかし、より省燃費になったことには間違いなく、今後、購入を検討される方には、間違いなくお勧めである。
 アイドリングストップが 時速11km からエンジン停止となるのは、単に、燃費競争の為とも思え、この点は疑問に思う。
 そもそも、時速 0km でエンジン停止してくれれば、充分であり、現在7㎞で停止しても、燃費的には事実上 2% 前後しか貢献しておらず、バッテリーへの不可などを考えると、かえってコストが高くつくのではと思う。

 スポンサード リンク
 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください