評価」タグアーカイブ

セルスター AL-01 レーザー受信機

セルスター AL-01 レーザー受信機 便利な使い方と設置方法など

セルスター AL-01 レーザー受信機が新発売されました。
最近はやりの移動式オービス(可動式オービス)が掃射するレーダーをいち早く感知する器械です。

本体の大きさですが、実際に箱から出してみた最初の印象としては「小っちゃ」と言う事で、だいぶ小さいコンパクトサイズになっています。
メーカーの仕様をみても、サイズは幅4.1cm、奥行3.75cm、高さ2.6cmと記載されています。
重量も20gですので、とても軽いです。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

AL-01は、シガーライター用DCコードが付属しており、単独で音声警告もありますので、別途、レーダー探知機がなくても、単独運用できます。
どういうことかと申しますと、固定式オービスなどをレーダーで探知する従来のレーダー探知機がなくても、レーザー受信機として、単独での活用もできると言う事です。
もちろん、AL-01は「レーザー」専用の受信機ですので、移動式オービス・可動式オービスなど最新のスピード取締機から出る「レーザー」を受信する機器ですので、固定式オービスなどのHシステムのレーダーは感知できません。

固定式オービスに多いのは「レーダー式」ですが、移動式オービスは全部が「レーザー式」です。
レーダーの場合には、超短波を放射してその反射によりスピードを計測するものです。
レーザーの場合には、レーザー光線またはレーザー波を照射してその反射によりスピードを計測するものです。

要するに、一昔前までは、取り締まりの主な方法に、レーザーが使われていませんでしたので、移動式オービス・可動式オービスに対応している探知機はありませんでした。
しかし、ようやく、レーザーに対応した探知機や受信機が発売されるようになったと言う事です。

そのうちでも、このセルスター「AL-01」レーザー受信機は、単独での運用が前提となっています。
そのため、すでにセルスターのレーダー探知機をお使いでも、新機種に買い替えすることなく、このAL-01を追加で設置することで、神出鬼没の移動式オービスにも追加対応できると言う事が言えます。
ただし、古いレーダー探知機の画面に「レーザーを受信した」と言うような表示がされる訳ではありません。
付属のセーフティレーダー接続コードを使って、レーダー探知機に接続はできるのですが、連携すると言う事ではありません。
単に電源を取るだけと言う感じでして、動作は別々になります。
なお、AL-01の電源は、エンジンを掛ければ、自動でONになり、それらはレーダー探知機と同じです。

そのため、レーダー探知機が無くても、シガーライター用DCコードを使用すれば、AL-01単体でレーザー受信機として使用できます。


セルスター レーザー受信機 AL-01 受信レベル2段階受信 LED警告 音声警告

なお、AL-01の設置場所(ダッシュボード)ですが、レーザー光線も受信する関係から、遮蔽物があると有効に受信できない可能性があります。
移動式オービスが設置されるのはだいたい歩道や路側帯側です。
そのため、クルマのダッシュボードにしても、できる限り、進行方向に向かって左側(歩道側)になる設置できると感知しやすいと存じます。
また、動いていないワイパーなどで遮蔽されても、いけませんので、受信部の前に何もないようなダッシュボードの位置にセットできると良いでしょう。
私の場合、実際にワイパーを動作させて、拭き残しの雨水も残らないようにガラス近くに、下記のように設置してみました。
ちょっと、写真は窓の反射があり、見にくく申し訳ありませんが・・。

AL-01設置

20グラムと軽いですので、窓ガラスの上のほうにセットできても良いかと存じます。
ただし、いずれの場合でも、助手席などのエアバックが作動しても、支障がない配線や設置を心がける必要があるのは言うまでもありません。
ご自分のクルマに合わせて、位置をよく考えてセット願います。

小生の場合には、自分のクルマ用に、レーダー探知機とこのAL-01を固定セットしています。
また、出張時のレンタカー用に、古いレーダー探知機を持って行って、両面テープで、いつも使っていたのですが、それに、AL-01も追加して、その都度、両面テープで繋げる態勢にすることに致しました。
いちいち、自分の自動車から、探知機などを外すのは面倒なので、2セット所有していると言う事になります。

もし、新品でレーダー探知機を購入される場合には、レーザーの受信も内蔵されているタイプで無いと、移動式オービスは、過去に設置されたことがあるGPS情報だけでの対応となってしまい、現地に本物があっても、反応しない可能性がありますので、注意が必要です。

なお、自分のクルマの直前を、別の車が走行している場合などには、そのクルマがレーザーを遮って、レーザー受信が遅れる可能性があります。
万能で、絶対に受信できると言う事ではありませんので、日頃より「安全運転」を心がけるのが一番です。

ミライース 実車走行 私的評価・感想レビュー (2/2) END

 > 前回記事からの続きです



気になる燃費

 元々、ミライースは車が「軽い」ので、その分、燃費が良いです。
 ちなみに、スズキのアルトエコの方がカタログ燃費が少しだけ良いですが、燃料タンクが20リットルなのに対して、ミライースは30リトッルのタンクで、カタログ値リッター30キロです。
 実際には、どんな車でも、だいたいカタログ値の3割減ですので、街乗りだと、エアコン付けなければ、リッター20km前後。
 高速道路だと25~30前後だと、考えると良いでしょう。
 当然、荷物をたくさん積んだり、4人で乗ったりすれば重くなり、燃費がその分、悪くなるのは当たり前です。
 他にも、冬季は暖気時間が長くなるなどの理由で、アイストがなかなか開始されないので、その分、燃費が悪くなります。そうですね、リッター19km程度まで落ちます。

 雪が積る地域にお住まいであれば、スタッドレスタイヤを履く事だけでも、燃費が落ちるようです。ただ、これらはミライースに限った事ではなく、すべての自動車に言える事です。

 燃費を良くするため、タイヤの空気圧指定も2.6と高めです。その為、燃費を気にする場合、こまめな空気圧チェックも欠かせませんが、窒素ガスをタイヤに入れることで、手間を軽減できます。
 燃費を気にするのではあれば、軽量のミライースには、余計なものをできる限り載せずに走らせる事が、一番燃費に良いと言えます。

 最近、はやりの軽自動車ののように、車高が高いタイプと異なり、ミライースの車高は1.5mですが、これには「ワケ」があります。
 デザインの開発段階で指示が出たのは、スポーツカー並みの空気抵抗 0.31 以下との事。
 結果、フロントのボンネットも空気抵抗を減らす曲面となり、当然、車高も低い1.5mとなったのですが、その分、高速走行時の燃費にも貢献しているのです。
 しかし、車高が低いと言えども、意外と運転席からの目線は高めです。私の場合は、車高の高いミニバンからの乗換でしたので、購入前は気にしていたのですが、目の高さは支障ない範囲でした。

 満タンで30リットル入りますがも燃料計は残り10リットル程度で、一番最小のメモリ表示となり、残り6リットルとなると、給油ランプが点灯します。

 ただし、残り6リットルになっても、計算上は、あと距離90km程は走行できる訳ですので、給油が切迫していると言うことでもありません。

 当然、軽ければ、その分、燃費は良いのですが、ともあれ、給油はお早めに・・。


居住性

 全高150cmの軽自動車セダンにしては、普通車並みの足元空間などを実現しています。結構、広く感じます。
 乗り心地は、タイヤの空気圧が2.6が標準なせいか、ゴツゴツ感はありますが、私はこの方が好きなので問題ありません。
 ただ、座席はやはり、安い軽自動車でして、椅子の座り心地は正直悪いです。その為、私はニトリで売られている低反発クッションを敷いて対策しています。
 低反発クッションのおかげで、距離300km走行でも、苦にならなくなりました。
 ずっと同じ姿勢で運転すると、腰などに負担が掛かるため、クッション使用していない場合、長距離ドライブでは90分毎に休憩をすると良いかと存じます。

 走行騒音に関しても、安い軽自動車の割には、かなり抑えられているなと言う感じはしますが、これはタイヤ性能による効果が大きいように感じます。

 時速40kmを超えると、タイヤの走行音が増していきますが、時速40km~60km程度ではそんなにうるさくは感じません。

 さすがに時速80km以上出すと、うるさいです。うるさいと言ってもエンジンの音ではなく、タイヤの音に風切音が追加されたと言った感じです。

 気になる場合は、静音計画などでの騒音対策や、タイヤの空気を窒素ガスにするなどの対応を行うと、少しは改善されると存じます。
 静音用のマットをフロアマットの下に敷くだけでも、結構効果がありますし、窒素ガスをタイヤに入れるだけでもタイヤ騒音は変化を感じ取れます。


 標準スピーカーは、多くのユーザーの意見の通り、音が良くありません。まぁ、最低限の物ですので、仕方ないところです。これも、高速道路では騒音の関係で、前席では聞こえる音楽も、後席では聞き取りにくくなります。
 ミライースは、後ドアのところに、スピーカーの配線は来ていますので、スピーカーを後付しても良いかと存じます。16cmスピーカーがドア内部に設置可能です。
 私が、スピーカー後付した整備記録は、→ みんカラ にUP致しております。
 スピーカーは、カー用品店のお正月の初売りで、安いのが出ますよ。

 車内の収納は、非常に少ないですので、色々と工夫する必要性があります。逆に言うと、工夫のしがいがあります。また、あまり余計なものを積まないと言うのも、燃費には良い事ですので、常に軽い車にしておく実践を行う価値があります。
 インパネは、世界初となる2トーンの一体成形のインパネですが、これでコスト削減とインテリア性向上を行っています。ミライースは余計なとこにはお金を掛けなくとも、細かいところまで、色々と考えて作られています。
 ただし、角度の問題だと存じますが、早朝など太陽に向かって走行すると、ダッシュボードがフロントガラスに映り込みますので、気になる場合は偏光サングラスが必要です。
 座席にはアームレストがありません。好みですが、市販されているアームレストを配置することは可能です。ただし、パーキングブレーキのレバーと干渉しないタイプをご選択下さい。

オイル交換など定期メンテナンス

 エンジンオイルは、新車時で 0W-20 (鉱物油)が注入されています。
 3000km走行したら、交換した方が良いかと存じますが、1ヶ月点検や6ヶ月点検など、ディーラーで交換してもらうと、0W-20 にはならない場合が考えられますので、念のため記載させて頂きます。
 デフオイルは、30000kmで、CVTオイルは、40000kmで交換した方が無難なようです。
 バッテリーも3年毎には交換すると良いでしょう。
 海辺や積雪する地域で使用する場合は、塩害対策として、防錆対策を新車購入時に行ってもらう事をお勧めしたいと存じます。10000円以下で可能なはずです。
 
維持費

 軽自動車の魅力は、やはり「維持費用」です。
 セルモーターが故障しても、バッテリーにしても、なんにしても、軽自動車は消耗品が「安い」です。
 もちろん、税金類も安いです。

 最近の安い車はスペアタイヤがありませんので、ミライースも例外ではなく、パンク修理材が標準装備されてます。とは言うもの、パンクしたら、素直にJAFを呼んだ方が良いかもしれませんので、JAFには入会しておきましょう。
 スペアタイヤのスペースは、パンク修理キットなどが収納できるスペースになってます。



 → ダイハツ ミライース ダイハツ ミライース 新車をお得に購入する方法

ミライース 実車走行 私的評価・感想レビュー (1/2)

走行性能

ミライースですが、軽自動車の性能にて普通に走ります。

カーブで外側に流れると言う意見を見ることもありますが、私の印象としてはカーブでも、問題なく曲がります。意外とキビキビ曲がります。
乗車人員が増えれば、曲がらないと感じることがありますが、これはミライースに限った事ではありません。
ミニバンとほぼ同程度のコーナリング性能と思って頂ければ良いのかと存じます。実用性では全く問題ありません。

時速ゼロkmから30kmへの加速も普通に加速しますが、省エネ型エンジンの特性からか? 時速40km以降の方が加速が良いように感じます。

ミライースに限らず、ターボの無い軽自動車すべてに言えることですが、排気量が660ccですので、登坂力が普通車に比べて辛いです。

特に高速道路での上り坂での速度維持は大変です。ターボがあれば問題ないのですが、燃費重視のミライースには、当然、ターボ車はありません。

また、30kmから40km当たりの加速がちょっと鈍いような気も致しますが、街乗り状態では問題ないですし、燃費の事も考えると支障はないでしょう。

新車のタイヤは、ヨコハマタイヤのミライース専用タイヤ ブルーアースA34 155/65R14 S (最高速度 時速180kmまで対応) と、エコタイヤが全車標準。お金を掛ける必要なところには、お金を掛けている車です。

燃費が良い、軽自動車向けとしては高級な14インチ・エコタイヤを採用しており、この点はダイハツを非常に評価できます。ころがり抵抗も良いです。

その分、スタッドレスタイヤを履くと、燃費が多少、悪くなるようです。燃費を重視する方は、転がり抵抗を重視してタイヤ選択すると良いでしょう。
乗り心地を重視する場合は、既定の空気圧26.0から、減らすと良いでしょう。

アイドリングストップ

新型ムーブでは時速9km以下ですが、ミライースの場合基本的に時速7km以下になると、エンジンが切れる状態になります。ただし、速度がゆっくりした状態で停車する場合などは時速0kmにならないと、エンジンは切れません。

ブレーキを離すと、エンジンが0.4秒で掛かりますので、再始動時間は支障ありませんが、この僅かな遅れが気になる方は、気になるかも知れません。

アイドリングストップ時には、上り坂での後退防止機能もついてますので、これは助かります。(アイドリングストップしてない時は、坂道発進時、うしろに下がりますので注意。)

しかし、この時速7km以下でエンジン停止すると言う技術は、結構難しい技術です。エンジンを止めるだけなら簡単ですが、7km以下でエンジンが止まり、走行中に、エンジンを再始動すると言うのは、走りながらギアをかみ合わせる必要性があるため難しいのですが、ダイハツのアイドリングストップ技術ではクリアしました。
ホンダのN-ONEは、この技術は無く、時速ゼロkmになった1秒後に、エンジンが切れます。

アイドリングストップは、エンジンスタートして、エンジンが暖まってから機能開始となりますので、アイスト開始される前に渋滞・信号待ちが多いと、燃費が悪くなります。

なお、外気温が氷点下の場合は系統保護の為、また、夜間のヘッドライト点灯などで電力を消耗している場合には、アイドリングストップにはなりません。

具体的には外気温15℃前後でしたら、距離2~3km走行すれば、アイドリングストップ機能が開始されます。気温が高い夏場は、もっと早くアイスト開始されるでしょう。

運転席のスイッチで、アイドリングストップをOFFにすることもできますので、踏切通過、渋滞時や右折したい時、すぐに信号が変わりそうな時などは、エンジン停止しないようにも操作できます。

夜間はライトをつけますのでバッテリーの電力消費が増えますが、停止時にヘッドライトを消せば、意外とアイドリングストップが働きます。

ミライースに限った事ではないですが、エンジンの動力でエアコンのコンプレッサーを作動されますので、エアコンをつけていると、燃費は悪くなります。
ミライースの場合は、アイドリングストップ中だと、エンジンが止まるため、エアコンが「送風」だけになります。
ただ、この停車時送風は、冷房が苦手な女性などは、止まるたびに冷気が和らぐため、かえって好都合な部分もあるのではと推測します。
なお、プラウスや新型ムーブでは、蓄電池や冷却材が別途ある関係で、停車時でもエアコンがそのまま動作ないし冷気が出ます。

セルスターター (セルモーター)への負荷や、エンジン内部への負荷は、対策も講じられており、それほど心配する必要は無いようです。
仮に、セルモーター交換となっても、軽自動車ですので、セルモーターじたい、普通乗用車よりも安いです。
ただし、バッテリーへの負担は、それなりにあるように感じます。

連続してアイストップが掛かると、一時的に最大で9.8Vまで電圧が低下したことがありました。しかし、減速時の回生充電装置があり、充電時には、最高で14.5V程度まで電圧もあがり充電されますので、一時的に大幅に電圧が下がっても、エンジンが掛からないような事や、カーナビが消えるような事は3ヶ月経過した時点でもありません。ETCが再起動することもありませんですので、電圧は保たれています。

新開発された新型バッテリー M-42 が標準搭載ですが、パナソニックやユアサで市販もされています。楽天で9000円位でしたので、定期交換の際でも、プリウスのように何万も掛かると言うことはないので、定期メンテのコスト的にも問題ないと存じます。
このバッテリーは、ホンダN-ONEのアイドリングストップ車でも採用されている規格です。

なお、アイドリングストップによる、燃費貢献は、だいたい0.5%程度と、ガソリン消費が大きく減ると言うことではありませんでした。もともと、もともと車重が軽く燃費が良いため、エンジン停止の貢献値が小さいと言えますが、燃費貢献よりも、エンジンが停止している間は「排気ガスを出さない」ので、Co2排出量削減と言う点では、地球環境に大きく貢献しているものと推測致します。

止まっている間は静かですので、まぁ、それぞれの方の好みでアイストON/OFF使用すれば良いのではないかと存じます。

ゲーム感覚で、燃費を良くしようとする走りをするなんてことにもチャレンジできると存じます。

→ 次の記事(1/2) に進む