オイル交換」タグアーカイブ

自分でエンジンオイル交換実施 簡単オイル交換

 新車6ヶ月無償点検でオイル交換してから、走行距離が3500kmとなりましたので、エンジンオイル交換を致しました。
 
 下記のオイル交換ポンプを使用すれば、面倒なジャッキアップなどは不要で、簡単にオイル交換ができます。

 

 今回は、オイルフィルター交換はしませんので、オイルのみの交換です。
 例によって、自分でオイル交換しました。

 まず、エンジンを暖気運転して、オイルをあたためます。
 夏ですので2分程度エンジンを動かしました。
 オイルを拭いたりするのに、安いキッチンペーパーもあると便利です。

 オイルレベルゲージを抜いて、下記写真のオイル交換ポンプの「ホース」をエンジンに差し込みます。
 そして、ポンプを数回押すと、真っ黒なエンジンオイルが、透明なホースを流れて行き出します。
 サイフォン式なので、最初の数回、手動でポンプを押すだけで、あとは、ずっと、古いエンジンオイルが抜き取られます。
 吸い上げが終わり、抜き出した量を確認すると、ちょっと、少なかったので、再度、エンジンに挿しているホースをグリグリと、奥まで差し込んでみて、再度、ポンプ開始。
 非常に簡単に、今回も無事に、古いエンジンオイルを抜くことができました。

 次に、オイル缶からジョウロに新しいオイルを注ぎます。
 私の場合、下記のような20リットルのペール缶を購入しています。

 

 そして、エンジンの上部にあるオイルの栓を取って、こぼさないように慎重に、オイルを注ぎます。
 この時、抜けたオイルの量をある程度図っておいて、抜いた量の分だけ、新しいオイルを注ぐと、あとあとのオイル量の調整がラクです。
 その為、私の場合、抜いたオイルを図る為のジョウロと、新品オイルを注ぐためのジョウロと2つ用意しています。

 

 新しいオイルを注いだら、オイルレベルゲージで、既定の範囲内か、測定します。
 何度か測定して、問題なければ、エンジンを1分程度回して、再度、オイルレベルゲージで測定。
 そして、問題なければ、あとは片づけですが、念のため、数日後にもオイルレベルゲージは測定しています。

 古い廃棄オイルは、ガソリンスタンドなどで引き取ってもらえたりもしますが、私の場合、余り馴染みと言えるスタンドもないので、自分で処理しています。
 
 

 上記のようなオイル廃棄用品を使用すれば、可燃ごみとして出すことができます。
 
 以上、今回、オイル交換に要した費用は下記の通り。

 オイル代 約1200円
 オイル廃棄箱  294円
 合計 1494円
 ※オイル交換手動ポンプの購入費用は含まず

 > オイル交換カテゴリの別記事もどうぞご覧ください

 ※自治体によりゴミ出し方法が異なる場合があるようですので、ご確認願います。

 

自分でオイル交換 (2013年編)

 久しぶりに、自分でエンジンオイル交換致しましたので、その記録として残しておきます。
 安くエンジンオイル交換したい方は、ご参照なさって頂ければ幸いです。

 

 今回、購入したエンジンオイルは 20リットル缶で、7875円(送料込)のエンジンオイルです。
 使用粘度は、 0W-20
 とても安いエンジンオイルですが、全合成油、SN規格、GF-5取得と、性能的には問題ありません。
 LAKE FIELD と言う、エンジンオイル生産会社の自社ブランド品なのですが、この工場では、ENEOS、BP、カストロールなどのオイルも作っているらしいです。

 そして、簡単にエンジンオイルを交換する手段として、手動式・エンジンオイルチェンジャーを新たに購入致しました。
 送料込で3490円。

 

 両方合わせても、11365円ですので、20リットル=5回オイル交換できると、1回のエンジンオイル交換が2273円。しかも、高品質な100%合成油です。
 これは、非常に安いですよね。

 ただし、私の場合、オイルフィルター交換時は、カー用品店やディーラーにお願いしますので、2回に1回のみ、自分でオイル交換することになっています。
 これでも、かなり維持費を抑えられますが、ご自分でオイルフィルター交換もできるのであれば、もっと安くなるはずです。

 と言う事で、今回は、その自分でオイル交換の模様を文章ですがご紹介いたします。

 オイルチェンジャーは、以前「電動式」を使用しておりました。
 しかし、吸い込みが悪かったり、イマイチでしたので、今回、新たに「手動式」を購入してみた次第です。
 手動式ですので、当然、最初は「自力」によるパワーが多少必要です。しかし、ジャッキアップするような作業と比べたら、断然ラクラクですし、ドレンボトルを開けたりする必要もないので、汚れにくいと言う利点もあります。

 オイルゲージから、古いオイルをポンプで吸います。
 ポンプと言っても、サイフォン式の圧力差で抜き取る方法ですので、最初、5回くらい手動でポンピングすると、電力も使わず、もあとは、ほっておいても自動的に吸い取ります。
 
 水ではなく、粘度があるオイルですので、全部抜けるのに5分くらい掛かりました。

 古いオイルを吸い取ったら、エンジンのオイルキャップを外して、新しいオイルを入れます。
 入れすぎないように注意するのがコツです。吸い取った分くらい入れたら、オイルゲージでオイル量を調べます。
 多すぎても、少なすぎてもいけません。

 自分でオイル交換する場合、古いオイルの処理に困りますが、私の場合、古いオイルは、ホームセンター・カインズホームで安く売られていた、オイル廃棄箱を使用して「燃えるゴミ」にて出します。
 ※古いオイルが処分可能かは、各自治体のホームページなどでご確認ください。燃えるゴミなどで処分できない場合は、オイル交換も可能なガソリンスタンドや、ディーラーなどで無料で引き取ってくれることが多いかと存じます。

安く交換 賢いエンジンオイル交換方法

エンジンオイルの定期交換は必要ですが、ディーラーでお願いするにしても、カー用品店で交換するにしても、1回4000円~5000円と、結構お金が必要です。

 

しかし、もし、自分で交換できれば、エンジンオイル缶の代金だけで済みます。

一度、ホームセンターなどで売られているオイル缶の価格を調べてみてください。

また「楽天」など通販で買えるオイル缶の価格も見てください。

結構「安く」売られています。しかし、これらの安いエンジンオイルは、どうしても自分で交換作業する必要性が出てしまいますが、このオイル交換をジャッキアップ不要で交換できるとすれば、自分でもできそうだと思いませんか?

 

そんな、自分で簡単にできるオイル交換方法、ジャッキアップ不要のエンジンオイル交換方法は、下記のサイトが参考になると存じます。

 

→ 自分でエンジンオイル交換 簡単オイル交換方法