自動車エアコンの風が臭い 効果のある消臭方法

 エアコンを「送風」にした際に、いやなニオイ・すっぱい臭いがしませんか?

 原因はエアコンを動作した際に、エバポレーターが結露した状態となるので、車の下から「水」がポタポタと落ちるのですが、エンジンを止めてエアコンを切ると、この結露したエバポレーターで「カビ」が繁殖し、カビ菌の嫌な臭いが発生するのです。

 カー用品店で売られているスプレーを送風口からしても、カビが付着しているエアコンのエバポレーターまでは届きません。
 なので、単なるカーエアコン用の消臭スプレーをしても、満足いく効果が無いんですよね。

 その為、小生は下記の2つのうち、6ヶ月に1つずつ交互に施行しています。

 
 カビなくなったでしょ! 車のエアコンにも!

 

 嫌な臭いは「カビ」の臭いなので、健康にも良くありません。
 臭いを感じたら、是非、カーエアコンの消臭をしたいものです。

 ※施工は自己責任でお願いします。万が一、故障などが発生しても、当方では責任を負いかねます。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください