シュアラスター ゼロウォーター  ピカピカになる洗車

 先日、シュアラスター ゼロウォーター で、ガラスコーティングをしてみた。

 以前から使っていたガラス系スプレーが、切れたので、今度はもちょっと安い、市販品のシュアラスター ゼロウォーターを試して見た。

 

 耐久性としては、最初は2~4週間毎に「3回」施行して、その後は、光沢感やつるつる感を増したい場合に再施工すれば良いらしい。
 要するに、最初の3回は、こまめにコーティングしてねと言う感じらしい。
 浸透・結晶化したガラス成分は劣化しないので、3回も行えば、かなり安定するようで、その後は、塗装表面ごと剥がれ落ちない限り定着し、半永久的に保護するようだ。

 と言う事で、初回のコーティングを実施してみた。

 まずは、シャンプー洗車をする。
 シャンプー洗車は、洗剤の跡(シマシマ)が、ボディーなどに残りやすいので、洗剤の量は「少な目」だと、水で流す際の泡切れも良いので、少な目がお勧め。

 そして、水滴がついたままの状態で、シュアラスター ゼロウォーターをスプレーしながら、タオルで水滴を拭き取って行くのだが、車の屋根など、平らな部分に水滴が大量にある場合は、水滴が多いとスプレー効果も薄まるので、さっと、ある程度水滴を落としてからの方が良いだろう。

 シュアラスター ゼロウォーター のスプレーは、50cm四方で1回スプレーする感じだ。

 なるほど、表面がスベスベするような雰囲気で、要するに、砂ほこりが付きにくいと言う印象だ。
 フロンドガラスも透き通ったように、キレイである。
 雨が降った場合、どうなるかはまだわからないので、雨が降ったら、記事を更新したいと思う。