教習」タグアーカイブ

小型船舶免許更新を格安・安く行う方法・裏技

小型船舶操縦士 免許更新 (ボート免許更新)  高い料金を払わずに済む方法

小型船舶免許の更新

 恐らく一番最初に小型船舶操縦士の免許を取得された際、多くの方は言われるがまま(なかには知らない間)に、手続きをして免許証が郵送されてきたと存じます。これは、大半が海事代理士を通じて免許申請をしているから「郵送」となるのです。
 更新の手続きは有効期限の1年前からでき、指定講習機関の行う更新講習を修了し、講習受講証明となる終了証などと更新申請することによって更新できます。
 更新の際には実技講習はなく、視力検査などの身体検査と約1時間の座学を受講すると、無試験で更新講習終了となります。
 そして、国土交通省の免許証発行窓口に出向いて更新申請を行い、新しい免許証が発行されますが、この更新申請手続きに関しては海事代理士に手数料を払い委任することが可能です。
 ただし、海事代理士に委任する更新講習セットでも内容は大差がないのに、ヤマハ・スズキで更新すると合計料金が「高い」のです。

 海事代理士委任の合計料金            
  ヤマハ 12000円  スズキ 12000円
 海事代理士へ直接申込
  8000円~11000円程度
 更新講習実施機関+海事代理士
  7700円~8500円程度と安い
 自分で免許証発行所に行く場合の合計料金
  5330円~5590円程度だが、手間と交通費は講習場所と申請場所への2箇所分必要

 上記の通り、更新講習は必ず受講しなくてはなりませんが、同じことなのにヤマハやスズキ以外で受講するだけで安くなります。更新講習実施機関に直接受講申込みして受講し、そのまま海事代理士に免許申請(免許発行→郵送)依頼する方法を取るだけで比較的低料金になります。
 地方会場の場合、ヤマハにて更新申込しても、講習はヤマハではなくJEISなど、個人申込可能な機関での受講となることもあるようです。
 更新講習実施機関にて、身体検査と更新講習だけ受けて、海事代理士を通さず、自分で免許証発行所(国土交通省窓口)に出向けば、更に安く更新可能ですが、受講+免許申請(発行)とふた手間掛かります。
 更新講習実施機関にて、身体検査と更新講習だけ受けて、海事代理士を通さず、運輸局での更新免許発行は「郵送」でも可能となりましたので、その郵送手続きの実例も踏まえてご紹介したいと存じます。

更新実例 その1

 小生は、2008年2月に日本船舶職員養成協会の関東支部・横浜事務所にて小型船舶操縦士の免許更新を受講致しました。その際の例を記載致します。
 まず、JEIS関東支部のホームページにて更新講習日程を確認。デフォルト表示だと東京(麹町)の日程が出てしまいますので、横浜をクリックして横浜開催の日程を調べます。その他をクリックすれば小生が住む地から徒歩で行ける会場でも更新受講可能なようですが、都合が合わなかった為、開催が多い横浜(本牧ふ頭)での受講日を選びました。ちなみに地方会場はすぐに満席となる場合があるようなので早めに予約した方が良いと推測します。
 今回は、インターネットから受講予約ができると言う事で、会員登録して予約申請。その際、免許証番号などが必要でした。インターネットからの予約申込締切りは講習日1週間前までです。
 それから、役所で住民票を1通取得。本籍が入っているもので本人記載だけでOKです。
 証明写真も撮りました。スピード写真でOKで、パスポートサイズの4.5X3.5サイズが2枚必要です。あとから分かった事ですが、更新講習を受講する横浜事務所にもスピード写真ありました。しかし、撮影は混雑していましたので、事前に用意した方が無難でしょう。
 
 さて、更新講習当日の話に移ります。
 日本船舶職員養成協会の関東支部・横浜事務所は本牧ふ頭にあります。近くに鉄道駅はないので、横浜駅か桜木町駅から横浜市営バスに乗ると便利です。小生は横浜駅東口のバスターミナル1番乗り場より、26系統のバスに乗りました。途中、桜木町駅や山下公園などを通過しますので、つかの間の横浜見物です。下車するバス停は「船員センター前」で、約30分の行程でした。バスには小生と同じように講習を受ける方も数名乗車されていました。
 バス停を降りて、歩道を左手に進み、右に折れると「食堂」がありました。うどんや定食が安く食べられます。その食堂の前を通過したすぐ先に、横浜事務所があります。無料の駐車場もありますが、ほぼ満車のように見えました。
 横浜事務所に入り、奥の階段で2階に上がると受付の部屋があります。更新講習の予約者は扉などに名前と番号が記載・表示されていました。
 講習開始時間の約1時間前に着きましたが、既に受付は開始されており、10人ほど並んでいる状態です。予約者の場合、事前の案内では15分前集合でしたが、15分前では本当にギリギリになると存じます。
 ちなみに、東京・横浜では予約なしの当日受講受付もしています。ただし、講習開始時間の1時間前から30分前までに到着する必要があります。
 受付の順番が来て、住民票・写真・免許証を提出した際に記載事項変更などを聞かれます。小生の場合、住所変更を更新と同時に申請したかったので、その旨を申し出ました。
 今回は住所変更もあり、免許証交付の手続きが面倒かな?と推測し、言われるままに海事代理士に依頼することにします。
 海事代理士に依頼すると言う委任状に押す印鑑が必要とのことでしたが、そんな事思ってもなかったので印鑑は持ってなく、サインで済ませてくれました。印鑑が必要と特に記載がない場合でも、このような手続きには印鑑を持参した方が良いと教訓になります。
 そして、免許証の郵送用にと封筒が渡されたるので自分宛の住所・氏名を記載しました。事前予約していた為、書くという作業はこの封筒だけです。封筒を提出して料金を支払います。通常は7700円(2008年2月現在)。
 小生は今回住所変更が必要でしたので、料金はプラス1000円の合計8700円になりました。修正がある場合はプラス7000円と言う海事代理士もいるので、まぁ良いでしょう。
 すべて整った書類が渡されたら受付の部屋を出て、次は身体検査の部屋に行き、書類を提出します。約8人ほどの順番待ちをしてから名前を呼ばれて目の視力検査です。あとから思えば良く見ようと目をパッチリと大きく開いていたのがよくなかったようで、明るく反射する感じで黒いCマークが白っぽくなり、よく見えません・・。もともと乱視なので、乱視矯正だけの度なしメガネは2本持っているのですが、普段メガネは掛けておらず、自動車の免許も裸眼でパスしている小生は、今回も大丈夫だろうと持参しなかったのがマズかったです。教訓その2=メガネは持参しようです。メガネをしていても自動車免許のように「メガネ」と言う表示はされません。
 なんとか目の検査も通り、大きな教室で受講開始を待ちます。
 この間、受付に並び始めてから45分も経過していました。結構時間掛かりますので、早く来て正解だったようです。講習が始まってから教室に入られた方も3名ほどいました。席は自由席なので、あとから来るとあいている席を探すのに苦労します。教訓その3=やっぱり早く会場には到着しておこうです。
 更新講習は講師による説明が約30分+ビデオ上映約25分ですが、人数が多かったせいか出席確認に時間を要し実際には合計約65分ほど掛かりました。
 自分で免許証発行所に行く人は、最後に書類が渡されます。約10%の方が自分で申請で、約90%の方が海事代理士に依頼と言う割合でした。海事代理士に依頼する場合は、特に何も渡されませんので、テキストなどだけ持ち帰り、後日新しい免許証が書留で届きます。
 ちなみに、更新講習を受けた人の中に「写真撮り直し」と言う方がいました。なんでも、5年前に発行された免許証の写真と、今回提出した写真の服装が全く同じと言う事で、最近撮影した写真と認められないと言う判断からです。1階のスピード写真で撮りなおして、再提出とのことでした。

更新当日の持ち物

 更新料金など
 小型船舶操縦免許証
 住民票(本籍記載の本人) 1通
 証明写真(縦4.5cm×横3.5cm)2枚        
 印鑑
 (メガネ・コンタクト)
 
 鉛筆・ボールペン (念のため)

 そして遅刻しないように~

 

自分で免許証発行所(国土交通省窓口)に出向く場合

 更新講習会場で講習を受けたあと、自分で免許証発行所の窓口に出向いて、更新申請するのが通常の申請方法ですが、申請書類を書いたり、改めて日を変えて出向かなくてはならなかったり、講習だけでなく申請にも交通費が必要となりますし、申請の為の時間を費やすのがもったいない・面倒と言う事もあります。ラクなのは海事代理士に依頼する方法です。
 なお、事前にすべての申請書類を準備できれば、郵送で免許証発行所に申請し、新しい免許証を書留(500円)で送付してもらう事もできますが、送料は往復にして1000円程度必要・・。
 即日発行可能で関東にある国土交通省の窓口は、関東運輸局、東京運輸支局(青海庁舎)、千葉運輸支局です。 

更新実例 その2

 2013年の更新では、自宅近くで更新講習があった「日本海洋レジャー安全・振興協会」の更新講習を受講して、郵送で免許更新を行ってみました。
 まず、日本海洋レジャー安全・振興協会のホームページにて、近くで開催される更新講習の日時を検索。日曜日の開催がありましたので、インターネットから予約しました。
 日にちが近いと満員で予約が取れない事が多く、前回は諦めた経緯もあり、今回は計画的に3ヶ月前くらいに予約しました。
 予約すると、銀行振込の案内が表示され、指定期日までに講習料金を振込完了すれば、予約成立となります。受講費用は合計で4240円でした。
 
 当日は、小型船舶操縦免許書、証明写真1枚、(メガネ・コンタクト)があれば大丈夫です。
 受付で免許証を渡すと、書類を渡されました。その中には、運輸局への更新申請用書類もありました。
 そして、目の検査をして、指定された座席に座りました。会場は100名満席でした。

 他機関でもそうなのですが、記載されている開始時間はあくまで開始時間です。説明をよく読むと15分前までには到着するようにとありますので、いつも「集合時間」で記載すれば良いのになと思います。皆様も開始時間が集合時間ではありませんので、ご注意願います。遅れますと良い事はありません。会場がわかりにくい場合もありますので、時間に余裕を持って出発すると良いでしょう。

 今回、受講された80%がヤマハ経由での申込者で、個人申込の方は10%程度だったようです。
 高い更新料を支払っているヤマハなどから申込みの方は、あとは自動的に書類がヤマハに行き、更新手続きも代行されますので、すぐに帰されました。
 最後に個人申込の方は、手続きの説明をするので、残るようにと言われ、郵送で手続きする場合と、直接運輸局に行く場合での更新手続き方法の説明を約5分程度受けました。
 もちろん、更新方法を記載した用紙も渡されますし、このように丁寧に説明もありますので、自分で更新する場合でも、更新方法がわからないと言う心配はありません。講習会場で質問もできますしね。

 住所に変更がある場合は、住民票を1通用意して、申請書に新しい住所を記載し、変更有の欄に×を入れるだけと簡単です。
 海事代理士に頼むと、この住所変更有だけで1000円高くなったりしますが、なぜ高くなるのか、理解に苦しみます。なんか問題が生じた場合の手間費用なのでしょうか?

 講習を受けたあと、その当日中でも、郵便局(本局)が営業していれば、すぐに郵送手続きも可能です。
 その場合「えんぴつ」「消しゴム」「ボールペン」「のり」と「郵送用の封筒」「証明写真1枚追加」を準備して持参する必要性があります。
 更新の申請用紙はえんぴつでの記入なので、ボールペンではだめです。ボールペンは運輸局の住所を封筒に記入する際と、収入印紙の添付用紙記入に必要です。
 前もって、運輸局の免許更新費用である収入印紙と、返信用封筒に貼る切手(簡易書留)も準備しておけば、よりスムーズに郵送手続きできるでしょう。
 収入印紙代と簡易書留代などは、ここで記載している内容が古くなると(料金変更などがあると)ご迷惑をお掛け致しますので、最新の情報をご確認願います。
 私の場合は、簡易書留発送が送料420円、戻りが380円の切手でした。 ※参考までにしてください。重さや料金改定などにより異なる場合があります。
 
 代行などでは通常1週間くらい掛かる所、個人手続での郵送は、運輸局に簡易書留を発送してから、3日後には無事に新しい免許証が届きました。海事代理士に頼むよりも早かったです。

参考

 財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会
 財団法人 日本船舶職員養成協会
 有限会社マリンテクノ東京
 国土交通省

フォークリフト教習所でフォーク免許取得 体験談

 フォークリフトを1回も運転したことがないフォーク素人である私が、フォークリフト免許取得するまでを記載した体験記。興味があると言う奇特な方は最後まで読んで欲しい。

 フォークリフト免許と一般的には言われるが、正しくは「フォークリフト運転技能講習修了証」と言う名称になり、労働安全衛生法にて1.0トン以上のフォークリフトを構内(敷地内)で運転する際に必要な修了証となる。車の免許のように更新が必要ない、1度取得すればずっと持てる「永久免許」だ。公道用の免許ではないので、普通の自動車教習所では受講できない。

 教習所を探す場合は、インターネット検索で「フォークリフト(スペース)教習所(スペース)地方名」で検索すると便利。例えば、東京にお住まいの方なら「フォークリフト 教習所 東京」と検索すると、何件かの教習所HPが見つかるので、試して欲しい。
 それでも見つからなければ、単純に「フォークリフト 教習所」で探してみて欲しい。

 余談になるが、公道(道路)を運行するにはプラスして特殊自動車免許が必要。要するに、公道は公安委員会が発行する自動車免許が必ず必要。しかし、私有地(倉庫や工場の敷地内など)だけでの運転の場合、自動車免許は不要と言う大前提となるが、法律によりフォークリフト技能講習を受けて試験に合格していないと、フォークを運転できないと言うことだ。

 私の場合、仕事で必要と言う事ではなく、必ず取らなくてはならない運命と言う訳ではなかったが、ちょっと興味があり、どうせ取得するなら神経が鈍っていない、少しでも若いうちにと思い、個人で費用を全額負担してフォークリフト講習を受ける事にした。

 フォークリフト講習コースは、持っている自動車免許などにより4コースに分かれる。
 分かれている詳しい内容は教習所HPにてご確認願いたい。、
 私は普通自動車免許は持っていたので、31時間講習の4日間コース。教習所によってはナイター設備がないと、同じ31時間でも4日間ではなく5日間になる講習もあるようだ。
 日程は平日4日連続、週末+平日など教習所によって様々だが、土日しか仕事を休めない方のために、土日+土日の計4日間と言う設定をしている教習所も見受けられる。
 地方に行って合宿免許で受講しようと思っても、結果的に自宅から近くの教習所での受講日数と変わらないので、わざわざ宿泊費が余計に掛かる合宿免許で取得する必要はないだろう。

 私の場合、講習料は約46000円。この料金も安いところは39000円程度からと、教習所によりバラツキがあるようだが、これはどうも教習で使用する車両により価格が異なるように感じる。車で言えばオートマのようでエンストしないトルコン車と、昔ながらのクラッチ車で受講する差のように感じる。当然、最新型のトルコン車の方が運転がラクな分、受講料が高いようだ。
 
 最初は教習所選びから開始した。
 自宅から徒歩で行ける一番近くにある安い教習所は、1ヶ月先まで予約で一杯。その次に近い車で20分程の教習所は、講習開始の日程が近すぎて断念。3番目に近い車で30分程の教習所を選んだ。教習所は住居と都道府県をまたがっても問題ない。
 約2週間先の日程に的を絞ったが、電話で「空き」があるか問合せしたところ「その日程はもう1名分あるかないか?」とあいまいな返事。電話の応対もそんなに良くなかったが「では、急いで申込します」と電話を切り、FAXにて申込書を送信した。申込の際には、自動車運転免許証のコピーが必要だった。
 申込してから「満員です」と言う電話がくるかな?と構えていたが、特に連絡がないまま、3日後に受講票が突然郵送で届き、受講できることがわかった・・。

 必要な物は、証明写真、印鑑、筆記用具、ヘルメット(ない場合無料貸出有)、レインコートくらいか? その他、軍手が必要など服装に関する注意もあるが、これは各教習所の案内をご覧頂きたい。
 なお、免許に必要な写真はそのまま技能講習修了証に使われるのできちんとした写真を持って行こう。免許更新がないので、一生その写真になってしまう。
 ヘルメットはホームセンターに行けば1000円程度から手に入るので、借りるのが汚そうでイヤだった私は新品を購入した。

 講習時間31時間を4日で割ると、1日平均7.75時間。要するに朝から、夕方までみっちり講習になると言うことか分かる。
 初日の集合時間は朝8時だった。

 1日目、早めに家を出て、朝7時30分位に到着したが、駐車場は既に約7割埋まっていた。みんな早く来ているようで、車で待機している方が多かった。
 私はすぐに建物に入った。講習別に教室はこっちなどと案内がされていたので、迷うことなく教室に入れた。教室の席は自由席なので、早めに行って、後ろのほうの席に座った。
 どうも自動車免許がない35時間コースを受講している方は、1日早く受講開始していて、今日から残り4日間合流と言う事らしい。
 全員集合したら受講票・申込書を提出して、受講料を支払う。そして、4日間の流れの説明を受けてテキストをもらい、さっそく学科を受講。
 学科はスライドなどにより講師の説明を聞くが、学科試験に出そうな部分だけを急いで教わると言う感じで、だいたい60分に5分程度の休憩があった。
 私が行った教習所では昼食は弁当持参か、当日教習所側で弁当注文を聞いてくれるので食堂で食べる。または自分の車の中で休憩しながら食べると言った感じ。昼食に関しては2日目以降も同様だ。
 学科講習は1日だけなので、初日の最後にさっそく60分間の学科試験がある。合計35門の○X方式で、60%以上の正解で学科合格だ。試験内容は、法律関係が多少難しく、また全体的に引っ掛け問題が多く、理解をしていないと答えがわからない。ただし、その日の朝からの学科講習さえ、ウトウトせずにしっかりと聞いていれば、誰でも合格できる水準だ。早ければ20分程度で全部回答できる。
 私が受講した教習所では学科試験に落ちても、居残り補習を受けて再試験を受けられるとも言っていたが、受講していた全員が合格できた。

 2日目からは、朝8時15分が集合時間。朝到着したら、教室に一旦入る。
 そして、その日の受講内容の説明を受けて、いよいよ実地講習の開始である。
 私が受講した日程は男性ばかり約15名で、2班に分かれてフォークリフト1台に乗る。要するに、7~8名で1台のフォークリフトを交代で乗った。
 講習に使われたフォークリフトは、2トンのカウンタバランス型のトルコン車。トルコン車はエンストしないので助かる。ハンドルはクリクリと良く回るので、帰宅の際にはパワステの自分の車のハンドルが重たく感じるほどだった。
 実地講習は、きれいにコンクリート舗装された路面にて、講習を受ける。私が受講した教習所ではテニスコート4面程度だったろうか? そして、すぐ横に屋根がついているベンチスペースがあり、自分が運転しない時は、そのベンチに座って、他の受講生の運転を見て学ぶ。お昼休憩以外としては、ベンチに座っている時間に、ジュースを飲んだり、トイレに行ったりできるので、比較的自由だ。
 実地初日は、主に走行に関する運転。基本的な操作方法で、終わるのは18時。
 最後の頃には後進走行もする。運転があまりうまくない人には、居残り補習もあるらしい。

 3日目(実技2日目)の午後にはいよいよ荷取り・荷付けがある。要するに、フォークのツメの部分で荷物を取ったり、台の上に荷物を置いて離脱するといった動作だ。
 車の運転経験しかない私は、多少苦労したが、この荷取り・荷付け動作たけで4時間の講習時間となるので、レバー操作手順さえ覚えればなんとかなる。

 4日目(最終日)は、より現実的な走行と荷取り・荷付けと総合的な運転の練習=実地試験と同じコースにて練習となる。
 なお、実地講習においては要所要所にて運転に要した「時間」をストップウォッチで計る。安全走行が第一だが、実際職場では作業スピードも要求されるからとの事。目標時間は熟練者(教官)の2倍の時間。カウンター以外の他のフォークリフトで慣れてしまっている方や、自動車免許のない35時間コースの方は、多少タイム的には苦労していた。
 午後からは、実地試験同様の内容にて最後の練習。そして、最後の最後に乗車前点検の方法を教わる。
 実地試験は16時30分くらいから。目標2分40秒で、オーバーすると減点だが、時間は気にすることない。時間よりも1つ1つの動作を基本に忠実に行わないと、そっちの方の減点が大きい。100点満点で85点以上が合格。
 乗車前点検→走行開始状態に→前進して右折→荷取り→後進して左折しスタート地点に戻り、前進長距離(10m?)・右折・左折・左折のクランク→荷付け→後進して左折→停止状態にと言う試験内容。だいたいの人は2分程度で終わる。
 万が一、実地試験に落ちても60分みっちりの補習走行をして、再試験が受けられる話だ。点数が発表される訳ではないので、自分が何点だったのかはわからないが、全員の試験終了後、私が受講した約15名のメンバーは「全員合格」とその場で言われた。
 試験後、教室で待つように言われて、技能講習修了証(クレジットカードタイプ)の交付を受けて、受取印を押す。それで17時30分には解散となった。

 改めて確認するが、時間などは教習所により異なるので、思い込んで遅刻などしないよう注意して欲しい。遅刻は許されない。

 私が受講した教習所では、安全の為に大声で指導することはあっても、教官が受講生に感情的に怒るような事(怖いと感じた事)はなかった。

 一度もフォークリフトを運転したことがない私が受講前不安に感じたのは、やはり同じ講習を受ける受講生には、既に仕事などでフォークリフトに「慣れている」方が多く、講習についていけないのでは?と感じることだった。18歳以上なら経験がなくても受講できると、教習所の案内ではうたっているが、やはり心配だった。
 しかし、フォークリフトにもカウンター式、リーチ式など色々あり、教習を受ける車両タイプと異なるメーカーのフォークやその他のタイプに慣れていたり、長年大型トラックを運転していたりすると、慣れと言うのは怖いもので、かえってフォーク講習で苦労することがあるようだ。その為、全くフォークリフトに乗ったことがないと言うあなたでも心配がないことが受講してわかった。現に、普通自動車免許すら持っていない35時間コースの方も多少苦労はしたが無事に合格していた。