オイルフィルターの交換時期・交換頻度は?

 エンジンオイルの「オイルフィルター」は、汚れたオイルから「異物」を取り除いて、エンジンを守る働きをします。
 要するに、エンジンオイルをろ過して、エンジンとの摩擦で生じた微小の金属片などを、取り除いてくれるのです。
 ろ過には「紙」が使用されるため「オイルエレメント」とも呼ばれたりします。

 このオイルフィルター(オイルエレメント、オイルクリーナー)も、定期的に交換をしないと、オイルポンプが詰まって、オイルが適切にエンジンを守らなくなり、エンジンが焼き付くなどの故障が発生してしまいます。

 そんな故障を起こさないためにも、定期的にオイルフィルター交換が必要なのは良く分かるのですが、交換の時期などの意見は、これまた様々です。

 私の車の場合、自動車メーカーは10000km毎(シビアコンディションは5000km毎)と記載されていますが、カー用品店ではオイル交換2回に1回などと説明されています。
 エンジニアの方では、30000kmは大丈夫と言う意見もあります。

 かと申しましても、最近のエンジンはかなり精度も良く生産されているので、異物の発生も低減されており、その分、オイルフィルターの交換頻度は少なくて良いと言えます。
 まして、きちんとエンジンオイルを交換していれば、それだけオイル自体の汚れが軽減されているため、オイルフィルターもその分、長く使えるでしょう。
 よって、最近の自動車であれば、自動車メーカー指定の基準で、オイルフィルター交換を行えば問題ないと考えます。

 エンジンオイルの交換時期・交換頻度はこちら

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください