ミライース 実燃費

 ミライースを新車で購入して、約10000km走行となりましたので、これまでの実燃費などの情報を記載したいと思います。

 ミライース感想レビュー でも記載致しましたが、ミライースは車が「軽い」ので、その分、燃費が良いです。

 ただし、感想としては、季節により、燃費が大きく変わるような気が致します。

 冬季は、リッター17km~19km と言った感じでしたが、夏季は、リッター19km~22kmは走ります。
 この差は、エンジンが早く暖まるか、暖まらないか? 寒い冬は、エンジンが暖まるまで暖気によりガソリンを多く消費する、アイドリングストップ開始が遅いと言う事だと存じます。
 アイドリングストップが開始されるのは、冬で4km程度走行後、夏で2km程度走行後ですので、この差も大きいです。
 要するに、出発して数キロ、信号などで止まらなく走行できると、かなり燃費は良くなります。出だしが数キロ間、アクセルを踏まなくて良いような、下り坂だとスゴク燃費が良いと推測します。

 高速道路に関しては、+ 2km~5km前後 は伸びます。
 信号が少ない地域を走行する場合は、もっと、燃費が伸びます。
 その逆で、信号や渋滞が多い都市部では、燃費が落ちます。エアコンを動作させた場合でも、同様ですが、これはミライースに限らず、すべての自動車に言える事です。

 雪が積る地域にお住まいであれば、スタッドレスタイヤを履く事だけでも、燃費が落ちますし、乗車人員が多ければ、当然、燃費は悪くなります。
 ただ、これもミライースに限った事ではありません。
 ミライースの場合、乗車人員が増えて、100kg重くなると、だいたいリッター3km~4kmは、低下するような感じです。(平均燃費計より)

 燃費を良くするため、タイヤの空気圧指定も2.6と高めです。
 その為、燃費を気にする場合、こまめな空気圧チェックも欠かせませんが、窒素ガスをタイヤに入れることで、手間を軽減できます。

 燃費を気にするのではあれば、軽量のミライースには、余計なものをできる限り載せずに走らせる事が、一番燃費に良いと言えます。

 以上、ご参考になれば幸いです。

 スポンサード リンク
 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください