ミライース関連」カテゴリーアーカイブ

ダイハツ「ミライース」に関するカスタマイズ情報など

CVTフルード CVTオイル交換

新車で購入して、2年、28000kmとなりましたので、12ヶ月点検(1年点検)の際に、CVTフルード(CVTオイル)の交換もダイハツのディーラーにてお願いしました。

12ヶ月点検費用は 車持込みで 12000円(税別)

洗車やタイヤのローテーションもして頂けました。
しかし、タイヤに窒素ガスを入れている事を申し出るのを忘れてしまいまして・・。
しっかり、タイヤ空気圧が A (調整)と記載されていたので、空気が入ってしまったと推測しています。
今度のタイヤ交換までは、もうこのままで行こうかと考えています。

CVTフルード (CVTオイル、CVTF)は、ダイハツ車の場合、メーカーの交換時期は50000kmなのですが、それは遅くともと言う感じでなようです。
日本では山岳走行や坂道・高速道路もありますので、シビアコンディションとまで言えなくても、平地ばかりで信号で止まることも少ないノーマル走行とも言えないので、シビアと通常の「中間」くらいと考えておくのが妥当です。
そうなりますと、実際の走行では3万~4万キロで交換した方が良いみたいです。
CVTフルードの交換は、CVTの構造上、全量を完全に交換出来る訳では無いので、5万キロを逸しますと、CVT機能が壊れてしまう可能性が出てきます。
※ディーラーなどが対応しているのか確認はしていませんが、全量を交換できる機械(チェンジャー)を使用して、CVTFを交換する場合もありますが、専用機械を使う場合、当然、工賃も高くなります。
ずっとCVTF交換していないとオイル汚れが貯まってしまっていて、交換作業をしたことでかえってCVTが壊れてしまい、責任が生じると言う事で、ディーラーやカー用品店も嫌がって交換してくれないと言う場合も出てきます。

一時期、10万キロまで大丈夫と言う普通車や、無交換でも大丈夫と言う車(時代)もありましたが、やはり、それではCVT本体が壊れやすかったと言う事で、今の新車(日本車)は、軽自動車に限らずほとんどがCVTオイル交換はある程度の時期で必須と指定されています。

CVTオイルの交換費用は、9000円(税別)でした。
※価格には地域差などもありますので、ご参考まで。

なお、CVTオイルは、メーカー指定のオイルが良いです。
ガソリンスタンドやカー用品店では、純正オイルでは無い事があり、ダイハツのCVTとの相性が悪いオイルもありますので、エンジンオイルはともかく、CVTオイルはメーカー純正が一番です。

CVTオイル交換は、結果的に行って良かったです。
加速時の変速ショックがかなり和らぎました。

ミライース専用 格安バッテリー交換方法 M-42

 ミライースのM-42バッテリーは高価と言う印象があるかも知れませんが、それはディーラーで交換した場合の話です。
 当然、ディーラーでは「定価」でバッテリーを販売するからですね。
 下記で購入すれば、割引・格安にて、ミライース用M42バッテリーを手に入れる事が可能です。
 最新の価格などは、リンク先や写真クリックでご確認ください。

 ミライースバッテリーの注意点

 バッテリーは M-42 対応 ※M-42Rは非対応
 M-42D 対応、M-42L 対応

★GS YUASA ユアサ の新型 M-42対応 長寿命バッテリー

 ミライース純正バッテリーと同じバッテリーメーカーである GS YUASA が新発売した、アイドリングストップ車M-42対応の新型バッテリーです。
 長寿命と言う事で、現時点では下記のバッテリーが一番のお勧めです。純正と比較しても、価格も高くありません。
 サイズや重さもM-42標準バッテリーと変わりありません。

 
 GS YUASA ジーエスユアサ史上最長寿命 M-42バッテリー (楽天)
 GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R LONG LIFE ] EL-M-42/55B20L

★ボッシュ BOSCH M-42 ハイテック プレミアム

 M-42型バッテリーの完全メンテナンスフリー(液栓の無いバッテリー)です。
 バツテリー液の補充と言っても、レベルが良く見えなかったり、バッテリー液を入れたら入れたで比重が変わってしまい、寿命が短くなったりするので、私はこのメンテナンスフリーバッテリーがお勧めです。

 
 ボッシュ BOSCH M-42 ハイテック プレミアム (楽天)
 BOSCH(ボッシュ) Hightec IS(ハイテック IS) バッテリー HTIS-M-42

★パナソニック M-42 カオス・バッテリー

 バッテリー交換時期も知ることができる、アイドリングストップ車専用バッテリーです。

 
 送料無料  カオスプロ caos PRO M-42 (楽天)
 Panasonic バッテリー [ カオス PRO アイドリングストップ車対応 ] M-42 (Amazon)

 パナソニックのバッテリーでしたら、新品取付時に下記のバットリー寿命判定ユニットを別途取付けると、のちのち、バッテリーが劣化した際の交換時期も一発で分かります。
 
 
 Panasonic [ パナソニック ] カーバッテリー寿命判定ユニット LifeWINK [ ライフ・ウィンク ] N-LW/P4

 通販でバッテリー購入した場合の、バッテリーの処分に困ったら、宅配便で送る廃バッテリー処分もありますよ。

 

★再生バッテリー(リビルド品)のM-42バッテリー

 中古のバッテリーを新品に近い性能まで回復させたバッテリーで、なんと言っても「低価格」がうれしい限りです。
 あと1~2年しか乗らないよなんて時には、下記のリビルド・バッテリーで、もう充分だと言う話になります。
 古いバッテリーも、送料無料で回収してくれますし、ミライースが「エコ」と言う事であれば、バッテリーも再生品を使用することでエコしたいものです。
 
 
 創業60年 神崎屋のオリジナル 再生バッテリー安心の1年保証付き M-42

 ミライースも2年目となり、寒い冬になると、場合によっては、アイドリングストップ中に電圧が下がり、自動的にエンジン始動となる事が発生します。
 その場合、バッテリー充電器でも買って、充電しようかと思っていたのですが、充電器も4000円くらいしてしまうので、それだったら、新品バッテリーや再生バッテリーを買った方がマシと言う判断でおります。

 バッテリーの交換方法は簡単です。

 バッテリー交換参考サイト

 ※バッテリー購入時には、メーカーの対応車種を良くご確認の上、ご購入願います。この記事に関して、当方では一切責任は負いかねます。

新型ミライース対応 簡単・格安バックドアガーニッシュ

 旧型はもちろん、2013年マイナーチェンジの新型ミライースにも取り付け可能な、オプション品を安く手に入れる方法は下記です。

バックドアガーニッシュ

 ミライースは、バックドアガーニッシュがないと、後方のスタイルがイマイチなんですよね。
 ダイハツ純正品オプションだと、約23000円もします。こんな簡素な部品で・・。

 
 
 でも、ご安心ください。
 純正品ではありませんが、安いものもあるのです。
 両面テープで張り付けるだけですので、誰でも簡単に装着できます。
 新型でも旧型のミライースでも大丈夫です。

 
 詳しくは、上記をクリックしてみてくださいませ。
 この他にも、簡単に交換も可能な、ミライース専用・ゴールドエンブレム なんてのもございますよ。

 
 ミライース ゴールドメッキエンブレム 3点SET

 ※ご購入・取付は自己責任でお願い申し上げます。 

ミライース マイナーチェンジ 発売開始

 ダイハツは軽自動車に導入する「e:sテクノロジー」を進化させた「ミライース」を2013年8月19日に、マイナーチェンジ発売開始した。
 ガソリン車トップの燃費33.4km/リットルを達成している。

 スマートアシスト(衝突防止装置)が追加されたグレードもある。

 パワートレーン(動力を車輪に伝える装置)のポンピングロスを低減させるi-EGRをさらに進化させた「クールドi-EGR」によって燃焼効率が向上。
 背面形状を丸くして、チェーンガイドとの接触を軽減した、低フリクションチェーンを使って摩擦によるロス低減。
 CVTのハイギア化。
 「eco IDLE」はアイドリングストップを従来の7km/h、または9km/hから11km/hに高めた。
 その分「エコ発電制御」はオルタネーターを高発電の物に変更し、減速時の発電量を増加。加速・走行時の発電をより抑制するセッティングとしているなど制御技術も進化させている。
 フロントバンパーにエアロコーナー・デザインを施し、風を素早く後方に流す
 フロアアンダーカバーで、フロア下の空気の乱れを抑制
 タイヤディフレクター採用で、前輪への空気の巻き込みを抑制
 更に、ローダウンサスペンションも採用して、車高を1cm低くした。

 燃費に関しては、約10%の燃費向上。
 現行で、実燃費 リッター22km前後なので、10%改善となっても、22km → 24.2km と言ったところで、大きく燃費が改善したとは言いにくいだろう。
 しかし、より省燃費になったことには間違いなく、今後、購入を検討される方には、間違いなくお勧めである。
 アイドリングストップが 時速11km からエンジン停止となるのは、単に、燃費競争の為とも思え、この点は疑問に思う。
 そもそも、時速 0km でエンジン停止してくれれば、充分であり、現在7㎞で停止しても、燃費的には事実上 2% 前後しか貢献しておらず、バッテリーへの不可などを考えると、かえってコストが高くつくのではと思う。

 スポンサード リンク
 

新型ミライース 燃費33.4km達成予定 8月にマイナーチェンジ

 ダイハツは軽自動車に導入する「e:sテクノロジー」を進化させ、2013年8月にマイナーチェンジ予定の「ミライース」(改良)では、ガソリン車トップの燃費33.4km/リットルを達成する見込みだと発表した。

 パワートレーン(動力を車輪に伝える装置)のポンピングロスを低減させるi-EGRをさらに進化させた「クールドi-EGR」によって燃焼効率が向上。
 背面形状を丸くして、チェーンガイドとの接触を軽減した、低フリクションチェーンを使って摩擦によるロス低減。
 CVTのハイギア化。
 「eco IDLE」はアイドリングストップを従来の7km/h、または9km/hから11km/hに高めた。
 その分「エコ発電制御」はオルタネーターを高発電の物に変更し、減速時の発電量を増加。加速・走行時の発電をより抑制するセッティングとしているなど制御技術も進化させている。
 フロントバンパーにエアロコーナー・デザインを施し、風を素早く後方に流す
 フロアアンダーカバーで、フロア下の空気の乱れを抑制
 タイヤディフレクター採用で、前輪への空気の巻き込みを抑制
 更に、ローダウンサスペンションも採用して、車高を1cm低くしている模様。
 さらにさらに、現行よりも低価格化される!との情報もある。

 既にミライースに乗っている小生として、気になるのは「空力パーツ」。
 外観がどの程度、偏光されるのか気になるが、そのまま、現行ミライースにも取付できるパーツだったら、うれしいな。と言ったところだ。

 燃費に関しては、約10%の燃費向上。
 現行で、実燃費 リッター22km前後なので、10%改善となっても、22km → 24.2km と言ったところで、大きく燃費が改善したとは言いに行くだろう。しかし、より省燃費になったことには間違いなく、今後、購入を検討される方には歓迎されるだろう。
 アイドリングストップが 時速11km からエンジン停止となるのは、単に、燃費競争の為とも思え、この点は疑問に思う。
 そもそも、時速 0km でエンジン停止してくれれば、充分であり、現在7㎞で停止しても、燃費的には事実上 2% 前後しか貢献しておらず、バッテリーへの不可などを考えると、かえってコストが高くつくのではと思う。

 いずれにせよ、現行ミライースに乗っている私でも、8月のマイナーチェンジ・ミラスースの登場が楽しみである。

 スポンサード リンク
 

ミライース 実燃費

 ミライースを新車で購入して、約10000km走行となりましたので、これまでの実燃費などの情報を記載したいと思います。

 ミライース感想レビュー でも記載致しましたが、ミライースは車が「軽い」ので、その分、燃費が良いです。

 ただし、感想としては、季節により、燃費が大きく変わるような気が致します。

 冬季は、リッター17km~19km と言った感じでしたが、夏季は、リッター19km~22kmは走ります。
 この差は、エンジンが早く暖まるか、暖まらないか? 寒い冬は、エンジンが暖まるまで暖気によりガソリンを多く消費する、アイドリングストップ開始が遅いと言う事だと存じます。
 アイドリングストップが開始されるのは、冬で4km程度走行後、夏で2km程度走行後ですので、この差も大きいです。
 要するに、出発して数キロ、信号などで止まらなく走行できると、かなり燃費は良くなります。出だしが数キロ間、アクセルを踏まなくて良いような、下り坂だとスゴク燃費が良いと推測します。

 高速道路に関しては、+ 2km~5km前後 は伸びます。
 信号が少ない地域を走行する場合は、もっと、燃費が伸びます。
 その逆で、信号や渋滞が多い都市部では、燃費が落ちます。エアコンを動作させた場合でも、同様ですが、これはミライースに限らず、すべての自動車に言える事です。

 雪が積る地域にお住まいであれば、スタッドレスタイヤを履く事だけでも、燃費が落ちますし、乗車人員が多ければ、当然、燃費は悪くなります。
 ただ、これもミライースに限った事ではありません。
 ミライースの場合、乗車人員が増えて、100kg重くなると、だいたいリッター3km~4kmは、低下するような感じです。(平均燃費計より)

 燃費を良くするため、タイヤの空気圧指定も2.6と高めです。
 その為、燃費を気にする場合、こまめな空気圧チェックも欠かせませんが、窒素ガスをタイヤに入れることで、手間を軽減できます。

 燃費を気にするのではあれば、軽量のミライースには、余計なものをできる限り載せずに走らせる事が、一番燃費に良いと言えます。

 以上、ご参考になれば幸いです。

 スポンサード リンク
 

車の虫除け クルマ用虫よけ

 そろそろ、蚊が飛ぶ季節になってまいりましたね。
 小生も、自宅の駐車場で、車に乗降りする際、よく、蚊に刺されます。

 刺されるだけなら良いのですが、蚊が車内に入ってしまうと最悪です。
 そうなんです。
 蚊は、察知して、ドアが開いた瞬間、良く、車内に入ってしまうんですね・・。

 駐車場には

 

 上記をセットはしていますが、それでも、車内の対策にはなりません。

 自動車の車内用の虫除け発売されないかな? と長年、思っていましたが、ようやく下記のような、自動車専用の車内虫よけ製品が発売されました。
 
 夏の炎天下、暑い車内での使用の対策は取られているのか? 使える期間が暑さで短くならないのか? いささか心配ですが、試しに使用してみたいと存じます。

 
 

ドライブレコーダー比較

 最初、40000円以上していたドライブレコーダーも、普及も進み、機能も便利になって、尚且つ、だいぶ安くなりましたね。

 今では、3000円程度でも、購入できる格安ドライブレコーダーもあります。

 

 昔のドライブレコーダーと比較すると

 (昔のドライブレコーダー)
 価格が高かった、記憶媒体が内蔵メモリだった、映像再生には専用ソフトが必要だった(USBで繋いで)、温泉録音は無かった
 事故の瞬間の前後何秒の録画が主流だった など・・

 (現在のドライブレコーダー)
 価格も安くなった、記憶媒体にはSDカードなど外部メモリを使用するタイプもある、映像再生はSDカードなどのメモリをパソコンにて動画再生可能、音声も録音可能
 常時録画式が主流となり、事故の瞬間だけでなく、何分、何十分と、SDカードの容量一杯に録画するタイプが多い、ミラー形状のものや、液晶モニター付タイプなど、多彩になった。

 今のドライブレコーダーは、事故の録画用と言う事では無く、常時録画タイプであれば、ドライブのコース風景の録画をして、YouTube などの動画サイトに投稿することも可能なのである。

 

ピクシスエポック プレオプラス

 ダイハツで製造しているミライースは、ダイハツでの名前は「ミライース」です。
 OEMとして、他の自動車会社でも、車名を変えて販売されてます。
 
 トヨタ自動車では「ピクシスエポック」(PIXIS EPOCH)として販売されており、エンブレムがトヨタマークになってます。

 富士重工業(スバル)では「プレオプラス」(PLEO +)と言う名前で販売されており、エンブレムがスバルのマークになまってます。

 外観上、メーカーのエンブレムと車の車名エンブレムが異なる以外は、エポックも、プレオプラスも、車の中身は、ミライースとほとんど変わりありません。

 と言う事は、ミライースに使えるオプション装備などのほとんどは、エポックやプレオプラスでも装着できる可能性が高いと言う事です。
 
 
 例えば、純正オプションだと15000円する「フロアマットセット」も、ミライース向けに作られた社外品(6000円程度から)であれば、エポックも、プレオプラスにも、そのまま装着できる可能性が非常に高いと言う事になります。

 そのようなお買い得方法を掲載しております、→ ミライースをお得にする方法 も、ぜひご覧ください。