日頃の簡単メンテ」カテゴリーアーカイブ

日頃自分でできる簡単メンテナンス

CVTフルード CVTオイル交換

新車で購入して、2年、28000kmとなりましたので、12ヶ月点検(1年点検)の際に、CVTフルード(CVTオイル)の交換もダイハツのディーラーにてお願いしました。

12ヶ月点検費用は 車持込みで 12000円(税別)

洗車やタイヤのローテーションもして頂けました。
しかし、タイヤに窒素ガスを入れている事を申し出るのを忘れてしまいまして・・。
しっかり、タイヤ空気圧が A (調整)と記載されていたので、空気が入ってしまったと推測しています。
今度のタイヤ交換までは、もうこのままで行こうかと考えています。

CVTフルード (CVTオイル、CVTF)は、ダイハツ車の場合、メーカーの交換時期は50000kmなのですが、それは遅くともと言う感じでなようです。
日本では山岳走行や坂道・高速道路もありますので、シビアコンディションとまで言えなくても、平地ばかりで信号で止まることも少ないノーマル走行とも言えないので、シビアと通常の「中間」くらいと考えておくのが妥当です。
そうなりますと、実際の走行では3万~4万キロで交換した方が良いみたいです。
CVTフルードの交換は、CVTの構造上、全量を完全に交換出来る訳では無いので、5万キロを逸しますと、CVT機能が壊れてしまう可能性が出てきます。
※ディーラーなどが対応しているのか確認はしていませんが、全量を交換できる機械(チェンジャー)を使用して、CVTFを交換する場合もありますが、専用機械を使う場合、当然、工賃も高くなります。
ずっとCVTF交換していないとオイル汚れが貯まってしまっていて、交換作業をしたことでかえってCVTが壊れてしまい、責任が生じると言う事で、ディーラーやカー用品店も嫌がって交換してくれないと言う場合も出てきます。

一時期、10万キロまで大丈夫と言う普通車や、無交換でも大丈夫と言う車(時代)もありましたが、やはり、それではCVT本体が壊れやすかったと言う事で、今の新車(日本車)は、軽自動車に限らずほとんどがCVTオイル交換はある程度の時期で必須と指定されています。

CVTオイルの交換費用は、9000円(税別)でした。
※価格には地域差などもありますので、ご参考まで。

なお、CVTオイルは、メーカー指定のオイルが良いです。
ガソリンスタンドやカー用品店では、純正オイルでは無い事があり、ダイハツのCVTとの相性が悪いオイルもありますので、エンジンオイルはともかく、CVTオイルはメーカー純正が一番です。

CVTオイル交換は、結果的に行って良かったです。
加速時の変速ショックがかなり和らぎました。

カーエアコン消臭剤

カーエアコンの嫌な臭いを消臭してみた 裏技ではない正攻法で効果絶大

 自動車のエアコンからの嫌な臭い。送風にするとすっぱいような臭いが漂い、我慢できなくなりました。

 あのスッパイ臭いは「カビ」の臭いなんですね。

 車のエアコンは、常に室内で窓を閉めた状態で使用する家庭用エアコンと異なり、ホコリ・チリ・排ガスなど汚れにされされやすい環境での使用なので、結露して湿ったエバポレーターにほこりが付着し、そこにカビやバクテリアが発生しやすい状況となってカビの悪臭が出ます。

 今回、カーエアコンの消臭に使用したのはコレ。

 
 カビなくなったでしょ! ※室内・浴室だけでなく、エアコンや車の内部にも!シュッと一吹き!

 家庭用のエアコンや、浴室のカビにも効くと言うスプレーです。
 カビをすぐに除去するクリーナータイプではなく、ジワジワと効果が表れると申しましょうか、カビをやっつけて繁殖しにくくする「薬剤噴射タイプ」なので、クリーナーでは届きくいエバポレーターの奥までも効果があります。

 仕様のコツは、自動車の場合、窓をすべて「閉めた状態」で、風量「最大」、室内循環(外気導入なし)、エアコン動作ONにて、約3分間の全量噴射します。
 スプレー缶を助手席の足元(ダッシュボード下あたり)に置いて、全量噴射状態にしたら、ドアを閉めて約15分待ちます。
 15分と言う事ですが、噴射じたいは3分で終わります。液剤は人体に無害との事ですので、スプレー直後はスプレーの臭いがしますが、噴射後10分ほど運転しても良いでしょう。
 ただし、窓は開けないで、室内循環の方が良いです。

 以下は、スプレーしてから4日間の臭いの状況です。毎日通勤で往復80分乗車での状況です。

 施工した初日は??? う~ん? 臭いが消えていないような? もしかしたら、騙されたかな? エアコンをONにして、臭いをごまかしました。

 2日目、臭いが違う臭いに変化した?と言うか、まだイヤな臭いが消えてない? 再び、高い買い物をしてしまったと頭を横切り、エアコンONに。

 3日目、あれ? ほとんど臭いが無くなったかな? もしかしてスゴイかも? エアコンOFFでも臭いがあまりしなくなりました。

 4日目、これは本当にスゴイ商品なのかも? 最初からエアコンOFFの送風状態でも臭わなくなりました。

 5日目、やはり、ジワジワと効くんですね。もう、99%臭わないです。このスプレー液体がどのようにカビ菌に効くのか? 気になって仕方なかったです。

 調べてみたら、ノロウイルスも含む401種類もの菌と5つのウイルスに効果があるようで、塩素系ではないので安全で、即効性は弱いが成分が残ることで長期間効果を発揮し続けるとの事。
 ただし、最低3ヶ月~6カ月間の効果らしいので、まぁ、もって3ヶ月と言う事でしょうか?

 車のエアコンがクサくてお困りの方、是非お試しください。

 元々、自宅の浴室や部屋用なので、今度はお風呂場にもスプレーして、カビ対策したいと思っています。

 ※効果の感じ方には個人差がありますので、ご参考までとしてくださいとお願いしますが、本当に効果がありました。

 → このようなサイトを経由して通信販売で買い物すれば、更にポイントが貯まってお得に

バンパーキズを自分で簡単補修ペイント

 いや~、やってしまいました。
 自宅車庫入れで、右後ろのバンパー横を、擦ってしまいました・・。

 傷跡はまとまっておらず、比較的広範囲に点在してしまっています。
 修理工場に出せば5万円以上コースです。
 自動車保険の車両保険にも入っていますが、保険適用するにも、もったいなく、かと言って専門業者になおしてもらうにも高額なので、自分で補修してみました。

 まず、車のカラーですが、特殊カラーで、オートバックスなどのカー用品店では、この色は売っていません。
 その為、まずは楽天の業者で、調合カラーのスプレーやタッチアップペイントを購入。

 特殊カラー補修スプレーを購入したのは こちらの「純正部品何でも販売屋さん」さん

 ※写真はイメージです。

 まずは、シリコンオフスプレーで、油膜などを除去して、施工。
 塗った部分が「薄いかな?」と感じた場合には、10分以上待って、乾燥してから「重ね塗り」するようにすると良いです。
 すべて短時間で行おうと思うと、塗装は失敗しますので、ご注意を。

 同じカラー色でも、微妙に色が違うのは、経年劣化だけでなく、新車製造段階の塗装でも、その日の気象条件・設備条件により微妙に違いますので、最初から100%色が同じ車と言うのはありません。
 なので、プロの板金屋さんは、この「調合」「ボカシ」が腕の見せ所とも言えます。
 今回は、自分での塗装なので、もちろん、プロの仕上げではありません。その為、近くで見ると微妙に色が違ったりしますので「補修した」と言うのは分かります。
 ただし、数メートル離れたところから見ると、気が付きませんので、まぁ、良しとします。

車載用 防災グッズを準備しよう

 震度7を観測し、上越新幹線も脱線し、地震による死者68人を出した「新潟県中越地震(2004年)」では、地震発生時刻が夕方の17時56分であった為、帰宅を急ぐ自動車の多くが、橋の崩落、土砂崩れなどによる通行止などで立ち往生した。
 また、避難所も満員で、屋外に停車させた自動車の中で寝泊りする避難者も多数いた。
 その地震がある前から、私の場合、車にも最低限の防災用品を搭載していたが、改めてその必要性を再認識したのを覚えている。

 私が最低限の防災グッズとして、自動車に搭載している内容は、下記のとおりである。

 (1) 車載用非常食セット

 大人1人が3日間生き延びるために必要な食料と飲料水、防寒・防熱用ブランケットが入っている。
 車の中は冬は冷たく、夏は50℃など高温となるが、-40℃~148℃までの耐久製品の為、1年中、車内に置いていても大丈夫。
 賞味期限も4年以上ある。大きい辞書くらいのコンパクトサイズですので、トランクに入れていても邪魔になりませんし、座席の下にも保管可能。
 詳しくは下記の写真をクリックしてご覧願いたい。
 
 
 命の箱 アークⅢ

 (2) 防寒シート (ブランケット)

 冬に地震が発生して、なんらかの状態で車中泊することになっても、寒くないように、コンパクトに収納されている、熱を逃がさない防寒シートを乗車定員分、自動車に常時積んでいる。
 定員分搭載しているのは、万が一の際、誰か1人だけ寒くないようにと言うのは、不公正となる為だ。
 上記の車載用防災セットを持っているならば、足りない人数分だけ、用意しておけばよいでしょう。
 価格もそんなに高くなく、大変軽い素材なので、燃費が大きく悪くなることも無いので、お勧め。

 
 サバイバルシート (防寒・保温シート) 5枚パック

 (3) 懐中電灯

 コンパクトサイズの安い物で良い。地震の時だけでなく、普段、故障など夜間に明かりが必要な際にあると助かる。

 (4) 軍手

 普段でも、パンクの際のタイヤ交換などで、軍手があると便利。特に、冬は軍手が無いと、冷たくてタイヤ交換などできません・・。

 (5) タオル・バスタオル

 普段は、急に日帰り温泉に入浴する事になった用に搭載していますが、災害時には、水で濡らして体を拭いたり、骨折した際の三角巾代わりにもなるでしょう。
 他の用途としては、車がスタックした際の脱出用にも使えますね。

 防災用品は、自宅に常時設置しておくだけでは不十分です。
 運転中に災害に合わなくても、職場で被災したり、車で非難すると言う事も考えられます。
 最低限でも良いかと存じますので、上記のとおり、自動車にも防災用品を用意しておくことをおすすめ申し上げたいです。
 

タイヤの豆知識

タイヤ製造日

 タイヤには製造日が必ず記載されている。正確に言うと、製造した「週」と「年」だ。
 例えばタイヤの横に「DVX1107」などと刻印されている。この場合11週目で07=2007年。要するに2007年の11週目に製造したと言う事になる。
 製造から年月が経った古いタイヤであればもちろん自然劣化が始まっていると言える。ただし、メーカーに発注してもメーカー在庫じたいが数ヶ月以上前のタイヤと言う事もあるので、メーカーに発注してもらったからと言って今月生産された新しいタイヤが届くと言う事でもなく、製造されてから3~6ヶ月程度は許容範囲内だ。

 タイヤバルブ

 タイヤバルブは小さな部品だが、安全を守る為に大切な役割を果たしている。バルブはゴム素材で使用するうちに性能は徐々に劣化する。交換しないまま長期使用すると、バルブが緩みやすくなり、空気漏れやタイヤの破裂を引き起こすこともあるので、タイヤ交換時には必ずバルブも一緒に交換しよう。通常はタイヤ交換時にバルブはどうしますかと聞かれる。標準的な価格で1本200円~300円くらい。

 窒素ガス

 タイヤに空気の代わりに窒素ガスを入れるのはF1のタイヤや航空機タイヤでは当たり前。
 タイヤ温度により内圧が変化しないので、高速走行でも一定気圧で操縦性が良くなる。空気よりも伝達速度が遅くなるのでタイヤから出る騒音が低くなる。窒素はゴムから透過しにくいので、空気圧低下を軽減してくれるので、しょっちゅう補充する必要がなくなる。空気中の酸素・水分によるタイヤやホイル腐食の防止にもなるので、タイヤが長持ちするなどのメリットがある。4本で初回2000円(税別)から。オー○バックスなどで依頼可能。10分もあれば充填OK。そのお店でタイヤ交換しなくても、窒素ガス充填は遠慮なく依頼できる。

 中古タイヤ

 最近は中古タイヤ店も良く見かけるようになった。
 高速道路を走行しないのであれば、中古タイヤでも十分だと思うが、小生は安全第一なので、どうしても中古タイヤだと、どのような経歴を持ったタイヤなのかと不安を感じる。また、標準的なサイズのタイヤであれば意外と豊富なのだが、小生が探しているタイヤサイズだと中古市場では意外と少ない。在庫があっても2本だけだったり、新車購入時の標準タイヤだったり・・。
 なお、中古タイヤを購入する際には残り溝だけでなくタイヤ製造日にも気をつけよう。溝が充分あっても4年以上経過しているタイヤはあと1年しか使えないと考えて良いだろう。
 ホイールを探すなら中古店が良いとは思うが、例え中古車を買ってもタイヤだけは新品にしておきたいものである。

 タイヤは放置しない

 タイヤは回転して、地面との摩擦を生むことによって熱を帯び、同時に微小ながら空気をタイヤに取り込んでゴムの柔軟性を保っている。その為、タイヤは使っていないと硬くなる。タイヤが硬くなると内部の空気圧が維持されず、毎日乗るよりも空気が抜けやすくなる。
 長期間乗らない自転車(チャリンコ)は、タイヤ空気が減っている事が多いと言うのがわかりやすい説明か・・。

タイヤに窒素ガスを入れる 安全性も向上

 ズボラな私は、頻繁に空気圧チェックをしなくて良いのと、タイヤの走行音が軽減されることから、タイヤの空気には空気ではなく「窒素ガス」を入れています。
 タイヤに窒素? とお思いになられるかも知れませんが、航空機のタイヤは窒素を使っているんですよ。

 タイヤに窒素ガスを入れた場合のメリットは下記の通りです。

 (1) 空気圧チェックのメンテナンスが軽減される
 (2) タイヤの走行騒音が低くなる
 (3) タイヤの温度が上昇しても内圧の変化を極小に押さえる

 窒素ガスは空気よりも自然に抜けにくい為、空気圧充填の頻度を低減できます。
 私の場合、1回窒素を入れれば、約1年は空気圧調整不要です。1年経過して、窒素ガス補充に行くと「減ってないですけど、お金かけて補充しますか?」なんて、整備士さんに言われた事もありました。
 航空機のタイヤで窒素ガスを使っているのは、単にメンテナンス軽減の為だけではありません。一番の理由は安全上です。
 何百人という乗客の命を預かる航空機のタイヤに、なぜ窒素ガスを入れるかと申しますと、酸素が含まれないので、火災・爆発の危険が少なくなります。バースト(破裂)の際の火災要因を軽減するのです。
 空気と異なり、水分も含まない為、ホイールや、タイヤワイヤーなど、金属部分の腐食防止にもなるのです。空気充填では2気圧入れると約20ccの水分が入ってしまいます。そうです。サビの原因になるのですね。
 走行騒音の軽減としては、窒素の場合、タイヤ固有の共振周波数がただの空気と異なるため、車内への空気共振を緩和するのです。特に、音がうるさいと感じている自動車には効果的です。
 タイヤの温度変化に対して、内圧変化が低くなるのも、タイヤ変形を抑えるため、バースト(破裂)リスク軽減だけでなく、タイヤ寿命を考えたら、良い訳です。

 もちろん、無料で窒素を入れる事は難しいです。
 ディーラーでも窒素を用意してい店舗は少ないでしょう・・。ガソリンスタンドでも、ほとんど見かけません。
 オートバックスなどのカー用品店に行くと、窒素ガスを用意している店舗があります。
 レジで「窒素ガス」と言えば、ピット作業してもらえます。
 概ね、初回4輪分で、2000円(税別)だと存じます。2回目以降、窒素補充は4輪で500円と言う場合が多いです。
 タイヤに入っている空気を抜いて、窒素ガスを注入します。窒素ガス濃度を100%に近づけるため、だいたい、抜いて、窒素入れる作業を2回繰り返すようです。

 特に、新車で購入したら、できる限り早く窒素ガスを入れると良いでしょう。
 ただし、ディーラーなどで定期点検を受ける際には、整備士さんに必ず「タイヤは窒素入れているので補充はナシで」とお願いしてください。
 毎回、伝える必要がありますよ。注意してください。
 気が付かず、空気を補充されてしまいますと、微量でも、再度、最初から空気をすべて抜いて、窒素ガスを改め全充填する必要性が出てしまいます。

タイヤの空気圧確認

 毎日行う必要まではありませんが、1ヶ月1回程度など、お勧めできるタイヤのメンテナンスは「空気圧の調整」です。

 タイヤ点検での整備不良60%は、空気圧の不適正です。
 タイヤは毎日使用する事で、ゴムが酸素を取り入れ、タイヤの空気も抜けにくくなりますが、週に1~2回程度しか自動車を動かさない場合は、毎日使用するよりも、早くタイヤの空気が微妙に抜けて行きます。
 自動車に限らず、サイクリング自転車のタイヤも同様です。

 空気圧が低くなったタイヤは、燃費が悪化するだけでなく、タイヤ寿命も短くなりますし、バースト(破裂)、スタンディングウェーブ現象など、さまざまな弊害を招くおそれがあります。
 とくに、高速道路など、高速走行中にタイヤのトラブルが発生すると、自動車は制御不能となり、大惨事につながりかねません。
 20%空気圧が低いと、燃費が17%落ちると言うデータもあります。
 その為、日頃、安全の為にも、ガソリン代節約の為にも、自分で簡単にメンテナンスできるのは、タイヤの空気圧チェック(空気補充)なのです。

 最近は、セルフのガソリンスタンドでも、タイヤ空気圧調整コーナーができました。
 自転車の空気を自分で入れる事ができる方なら、簡単に自動車の空気も入れる事ができるでしょう。

 自動車用の空気入れには、圧力計がついてます。
 どのくらいの空気圧にすれば良いか?

 運転席ドアを開けて、ボディー側の面(座席の脇辺り)を探してみると、自動車メーカー指定の「タイヤ空気圧」が記載されています。
 最近のエコカーの場合、燃費重視で 2.6k と言う場合が多いですが、標準だと 2.2k だと存じます。
 標準の場合、ちょっと、高めにして 2.4k 位に空気を補充するのが良いでしょう。

 空気圧確認の際に、ちっょとだけでも良いので、タイヤに亀裂や損傷、異物はないか? 
 異常な摩耗はないか? スリップサインが出ていないか?
 程度も、確認するとベストですね。

 タイヤに窒素ガス のコーナーも、合わせてご覧ください。