ドライブレコーダー比較

 最初、40000円以上していたドライブレコーダーも、普及も進み、機能も便利になって、尚且つ、だいぶ安くなりましたね。

 今では、3000円程度でも、購入できる格安ドライブレコーダーもあります。

 

 昔のドライブレコーダーと比較すると

 (昔のドライブレコーダー)
 価格が高かった、記憶媒体が内蔵メモリだった、映像再生には専用ソフトが必要だった(USBで繋いで)、温泉録音は無かった
 事故の瞬間の前後何秒の録画が主流だった など・・

 (現在のドライブレコーダー)
 価格も安くなった、記憶媒体にはSDカードなど外部メモリを使用するタイプもある、映像再生はSDカードなどのメモリをパソコンにて動画再生可能、音声も録音可能
 常時録画式が主流となり、事故の瞬間だけでなく、何分、何十分と、SDカードの容量一杯に録画するタイプが多い、ミラー形状のものや、液晶モニター付タイプなど、多彩になった。

 今のドライブレコーダーは、事故の録画用と言う事では無く、常時録画タイプであれば、ドライブのコース風景の録画をして、YouTube などの動画サイトに投稿することも可能なのである。

 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください